Casey Anthony は、Where The Truth Lies の初見ですべてを語ります

2011 年、ケーシー アンソニーは、2008 年に幼い娘ケイリーを殺害した疑いで裁判にかけられました。今、アンソニーはついに座って、ピーコックの新しいドキュメンタリー、ケーシー・アンソニー:真実の嘘で彼女の側の話を説明しています.

3 部構成の限定シリーズには、アンソニーが 10 年以上にわたって彼女の人生を定義する調査と裁判について説明する一連のインタビューが含まれています。ティーザーの中で、アンソニーは、クリエイティブなコントロールを持っていないにもかかわらず、ドキュメンタリーについて話すことにした理由について尋ねられます.彼女が話す前に、次の 3 つの単語が表示される前にティーザーが黒くなります。「Casey Anthony speaks.」

This Is ParisBombshel​​l: The Hedy Lamarr Storyで最もよく知られている Alexandra Dean は、 Casey Anthony: Where The Truth Lies のショーランナー兼ディレクターを務めています Peacockから発表された声明の中で、ディーンは次のように述べています。ケーシーは映画を見たり、メモをしたりしませんでした。 6か月にわたって記録された複数のインタビューの過程で明らかになったのは、ケイシー・アンソニーの驚くべき心理的肖像画であり、潜在的な証拠の複数の情報源と比較検討された、彼女が娘に起こったことの完全な物語です.この結果は多くの人を驚かせ、アメリカ国民にこの物語を新たな視点から見てもらうことになると信じています。」

アンソニーへのインタビューに加えて、真の犯罪ドキュメンタリー シリーズでは、舞台裏の映像と弁護側が提示した証拠を紹介します。タムラ・シモンズ、エボニー・ポーター=アイク、ローラ・ミカルチシン、サム・スナイダーマンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、シャネル・ハドソン=オコナーとケイティ・ターリー=モロニーが共同エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

Casey Anthony が座って、Where The Truth Lies のシーンを見つめています。

Casey Anthony: Where The Truth Liesは、11 月 29 日に Peacock で初演されます。