Audeze LCD-1有線ヘッドフォンレビュー:通常のリスナーのためのオーディオファングレードのヘッドフォン

Audeze平面磁気ヘッドホンは、ビルド品質とサウンドステージの品質で高い評価を得ています。 LCD-1ヘッドフォンは、Audeze LCD Referenceの範囲からのものであり、オーディオファンやサウンドエンジニアだけでなく、お気に入りのトラックを可能な限り最高の品質で聴くことを愛するすべての人のために設計されています。

仕様

  • ブランド: Audeze
  • Bluetooth:いいえ
  • ノイズキャンセリング:いいえ
長所

  • 卓越したサウンドステージ
  • 比較的軽量
  • 良好なビルド品質
  • 長期間快適
短所

  • 物事の高価な側面で
この製品を購入する

AudezeLCD-1アマゾン

ショップ

Audezeはプレミアムオーディオハードウェアで知られています。これは、美しく細工された優れたサウンドステージ、見事なヘッドフォンデザイン、そして何度も訪れたくなるようなオーディオ体験の提供に関連する名前です。

したがって、Audeze LCD-1有線ヘッドセットは、AudezeMobiusおよびAudezePenroseゲーミングヘッドセットの最近の成功と比較して、多くのことを実現する必要があります。では、Audeze LCD-1有線ヘッドホンはどのように競合他社に対抗し、実際、Audezeの名前自体に対抗するのでしょうか。

AudezeLCD-1ヘッドフォンの実践的なレビューを読んでください。

Audeze LCD-1:同梱品は何ですか?

ボックスに入る前に、ボックス自体についてのメモ。 LCD-1ボックス自体を開梱して開梱すると、本物の高級感が得られます。Audezeボックスは重量があり、中に入って中身を探すように促します。

そこに着くと、次のことがわかります。

  • AudezeLCD-1有線ヘッドホン
  • キャリーケース
  • 5mmジャックからデュアル3.5mmジャックケーブル
  • 25mmジャックアダプター
  • ふわふわヘッドホンディバイダー
  • AudezeLCD-1の公式Certificateof Authenticity

あなたの目を引いたのはおそらく2つのことです。

はい、AudezeLCD-1ヘッドフォンにはふわふわのヘッドフォン仕切りが付いています。イヤパッドを折りたたんでキャリーケースに入れるときに、イヤパッドがこすれるのを防ぐためです。少し行き過ぎのようですが、とにかくいい感じです。

2つ目は、AudezeのCertificate ofAuthenticityです。 LCD-1ヘッドフォンは、出荷前に厳密にテストされ、Audezeの非常に高いオーディオ基準に適合していることを確認します。さらに、テストと認証のプロセスは、ヘッドホンが送られる前に「バーンイン」するのに役立ちます。

AudezeLCD-1の仕様

あなたは箱の中身を知っています。さて、物事のオーディオ側に力を与えているのは何ですか?

  • スタイル:オーバーイヤー、オープンバック
  • カラー:ブラック
  • ドライバー: 90mmプレーナーマグネティック
    • 磁気構造: Fluxorマグネットアレイ
    • マグネットタイプ:ネオジムN50
    • 周波数応答: 10-50,000Hz
    • ダイヤフラム:超薄型ユニフォース
  • 接続性:有線
    • コネクタ: 5mm、6.35mm(1/4インチ)
  • 重量: 250g(8.82oz)

ここから取るべきヘッドラインスペックは、90mmでのドライバーサイズと10-50,000Hzの周波数応答です。周波数応答は広範囲であり、AudezeLCD-1有線ヘッドホンが並外れたオーディオ精度で動作できるようにする必要があります。

AudezeLCD-1デザイン

AudezeLCD-1は折りたたみ式の有線ヘッドホンです。安全なキャリーケースを最初に開いてLCD-1ヘッドフォンを見ると、わずかで比較的軽量なフレームに驚かれるかもしれません。

平面磁気ヘッドホンは通常、ヘッドホンのダイアフラムが均一に動くことを保証するために、より大きくて重い磁石を含み、他のヘッドホンよりも重くなります。追加された重量は、多くの場合、平面磁気ヘッドホンによって提供される多くのセンセーショナルなサウンドと、より伝統的なダイナミックドライバーのセットアップとの間のトレードオフです。

Audeze LCD-1の重量は250gで、直接の競合他社よりも軽く、時には100gを超えることもあります。もちろん、それが実際の快適さにどのようにつながるかを知りたいと思います。LCD-1ヘッドフォンは長時間のリスニングセッションに最適であることを報告できてうれしいです。

快適さのレベルを助けるのは、本物のラムスキンレザーで覆われたメモリーフォームイヤパッドと一緒に、メモリーフォームクッション付きの調整可能なヘッドバンドです。

Audeze LCD-1は、オーバーイヤーのオープンバックデザインを使用しています。オープンバックヘッドホンは周囲に音声漏れる可能性がありますが、LCD-1ではこの問題は発生しません。一方、オープンバックヘッドホンは、クローズドバックヘッドホンに関連する孤立感に悩まされることなく、混雑が少なく、より丸みのあるサウンドを提供できますが、AudezeLCD-1サウンドステージではすぐに多くのサウンドが得られます。

90mmドライバーとその超薄型ユニフォースダイアフラムは、さらに軽量化に貢献しています。 Audezeはその製造プロセスにも非常に誇りを持っています。万能のプロセスを使用するのではなく、各ドライバーは、ボイスコイルを各LCD-1ヘッドセットの磁場に一致させる独自のプロセスを実行します。製造の精度により、ダイアフラムが均一に動き、全体的なサウンドが向上します。

Audezeは、遺伝的アルゴリズムベースのヒューリスティック最適化手法と磁気シミュレーションを使用して、トレース幅を最適化し、Uniforceを実現します。

LCD-1ヘッドホンをキャリーケースに折りたたむと、ヘッドホンからワイヤーを取り外すことができます。 LCD-1ケーブルは左右の信号を自動的に検出するので、どちらのイヤーカップにもヘッドフォンケーブルを挿入できます。これは実際にはかなりクールです。

平面型磁気ヘッドホンの取り扱いに関する注意事項

平面磁気ヘッドホンは、一般に、極薄のダイアフラムの後ろに空気が閉じ込められやすい傾向があります。 Audezeは、平面型磁気ヘッドホンを装着するときは注意して、耳の周りにシールを作成した後、空気圧の差に調整する時間を与えることをお勧めします。

Audezeカスタマーサポートによると

平面磁気ヘッドホンを取り扱う際は、特定の注意を払うことをお勧めします。閉じ込められた空気は高圧を発生させ、急激な圧力変化はダイアフラムを損傷する可能性があり、これは保証の対象外です。ヘッドホンを装着したり外したりするときは、ヘッドホンを頭に強く強く押し付けるのは得策ではないので、空気圧を安定させるためにゆっくりと安定した動きをすることをお勧めします。

Audeze LCD-1はどのように聞こえますか?

主な機能について:Audeze LCD-1有線ヘッドホンはどのように聞こえますか?

平面磁気ヘッドホンは崇高な評判があり、AudezeLCD-1ヘッドホンは確かにその法案に適合します。 LCD-1には、一般消費者とオーディオエンジニアの両方に適した、巧妙に作成されたサウンドステージが付属しています。つまり、プラグを差し込んで標準のサウンドを楽しむことができます。それでも、ヘッドフォンは追加のEQ設定にも非常によく反応します。

LCD-1について注意すべきことの1つは、それらを滑らせたときにすべてがどれほど生き生きと聞こえるかです。私は、PCへの直接接続を使用して、次に小さなデスクトップDACを介して、Galaxy S8スマートフォンを使用して、LCD-1ヘッドフォンをテストしました。 3つのオプションすべての明快さと鮮明さは並外れています。 LCD-1が正確に配信しないトラックは見つかりません。お気に入りのアーティストやアルバムをもう一度生き生きとさせることができます。

その中で、LCD-1ヘッドフォンをテストするために、さまざまなジャンルの音楽を積極的に見つけたいと考えています。私は電子音楽の大ファンです。LCD-1のサウンドステージは、あらゆる鼓動するベースラインを前面に押し出し、あらゆるチャープ、ツイストビート、または陶酔感のあるバレアレス波の音をあなたに押し付けます。

クラシック音楽は並外れて聞こえ、すべてのタイトな音と素早いトランジション、LCD-1ヘッドフォンはスカとジャズの高速で高音のトランジションを簡単に処理します。あなたはすべての音があなたのために特別に正確に演奏されているように感じます、そしてそれはすべてのリスニング体験を新旧の音楽の刺激的でさわやかな検査にします。

要するに、このようなヘッドホンを装着することはめったにありません。 Audeze LCD-1は、数千ドルを費やすことなく期待できる最高のオーディオ体験の1つであり、1か月の予算を何度も超えることなく、「オーディオファングレード」と呼ばれるリスニングを体験できます。

Audeze LCD-1はゲームに適していますか?

LCD-1ヘッドフォンは間違いなく音楽愛好家向けに設計されていますが、私たちはゲーム用オーディオも同様に重要な時代に生きています。 Audezeはゲーム用のLCD-1ヘッドフォンを売り込みません。これは、サウンドエンジニアなどに適した、非常に優れたオーディオツールであるため理解できます。

そうは言っても、LCD-1をゲーム環境に取り入れたことを後悔することはありません。ヘッドフォンの非常に細工されたサウンドステージは、お気に入りのゲームを起動したときに停止するだけではありません。それは確かです。

ドゥーム2016に飛び込むと、必死のゲームプレイがあなたを襲いますが、ミックゴードンの絶妙にミックスされたサウンドトラックは、ゲーム全体を私たちが知っていて大好きな内臓体験にまとめます。 Gordonは(何らかの理由で)Doom Eternalに登場しませんでしたが、同じように聞こえ、Eternalが2020年に多くのオーディオデザイン賞を受賞した理由が明らかになりました。

レーシングゲームも特別な楽しみでした。ほとんどのレーシングゲームのサウンドデザインにはあまり気付かないでしょうが、特にダート2.0のようなタイトルでは、音の没入感が感覚を高め、別のレベルへの運転能力。

Audeze LCD-1は傑出しており、購入する必要があります

LCD-1ヘッドフォンは、AudezeのLCDReferenceヘッドフォンシリーズに付属しています。これらは、オーディオエンジニアやサウンドの専門家向けに構築されており、あらゆるジャンル、あらゆるスタイルの音楽を最も正確に表現できます。

彼らは何度も何度もそうします。 Audeze LCD-1は、非常にリーズナブルな価格で真にプレミアムなオーディオを体験したい場合に、手と耳を装着できる最高のヘッドフォンの1つです。

しかし、サウンドステージの面で非常に同じ経験が不安になると感じる人もいるかもしれません。ジムでのエクササイズやゲームのサウンドを素晴らしいものにするために構築されたヘッドフォンを購入する場合、メーカーは特定のオーディオプロファイル用に構築することがよくあります。これらの馴染みのあるプロファイルは、通常はわずかに低音が重いか、ミッド/トップが少し余分にあり、ユーザーに余分なパンチを提供し、体験を家に持ち帰ります。

Audeze LCD-1は、比較的フラットなEQの領域にあり、あらゆる方向でミキシングできるように設計されています。その結果、これに慣れていない消費者にとっては、内蔵の低音ブーストなどを期待して、混乱を招く可能性があります。 LCD-1のリスニング体験を損なうことはありません。それどころか、それはあなたが愛する音楽をはるかに細かく制御することを可能にします。

その上で、価格について話しましょう。 AudezeLCD-1有線ヘッドフォンの小売価格は400ドルです。さて、あなたはその価格を見て、ボークするかもしれません。それがかなりのペニーであることは否定できず、ほとんどの人がヘッドフォンのセットに費やすことを検討するよりも多いです。

広いオーディオ範囲、軽量で快適なデザイン、広大なサウンドステージを考えると、AudezeLCD-1有線ヘッドフォンは私にぴったりです。