AT&TはWarnerMediaとDiscoveryを統合しています

米国の通信事業者AT&Tは、ワーナーメディア部門をスピンオフし、4,380億ドル相当の大規模取引でディスカバリーと統合する計画を発表しました。

AT&TがHBOMaxとDiscovery +を1つの屋根の下に

大規模な取引により、WarnerMediaの親AT&Tは、現金、負債証券、およびWarnerMediaによる特定の負債の保持の組み合わせで430億ドルを得ることになります。この取引は、最近、YahooとAOLの資産を売却するためにApolloManagementと50億ドルの取引を発表しVerizonMediaからの同様の動きに続くものです。

まだ名前が付けられていない新しいスタンドアロンメディア会社は、DiscoverCEOのDavidZaslavによって運営されます。 「私たちは手袋のようにぴったり合うと思う」と彼はバーチャルプレッサーで言った。

新会社は550億ドルの負債で始まります。

関連:低速ストリーミングサービスを高速化するためのヒント

HBO Maxを所有するWarnerMediaと、Discovery +ストリーミングサービスを運営するDiscoveryを統合すると、Animal Planet、Cartoon Network、CNN、DCコミック、Discovery、Eurosport、Food Network、HBOなど、100を超える人気のエンターテインメントブランドが一堂に会します。 、HGTV、マグノリア、ターナーネットワーク、TNT、TLC、ワーナーブラザース。

ストリーミングメディアジャイアントの作成

AT&Tはプレスリリースでストリーミングメディアの巨人を生み出す「ピュアプレイ」契約を発表し、AT&Tの株主は新会社の71%の株式を保有し、Discoveryの株主は残りの21%の株式を受け取ると述べた。この取引は規制当局の承認待ちであり、2022年半ばまでに完了する必要があります。

AT&TのCEO、ジョン・スタンキーは次のように述べています。

この契約は、2人のエンターテインメントリーダーを補完的なコンテンツの強みで結び付け、新会社を世界をリードする消費者向けストリーミングプラットフォームの1つとして位置付けます。これは、Discoveryのグローバルフットプリントを備えたHBO Maxの素晴らしい成長と国際的な立ち上げをサポートし、消費者が望むものを提供するためのより優れたコンテンツの作成に再投資できる効率を生み出します。

どちらかといえば、この動きは、AT&TがTimeWarnerの買収が約束した成果を上げていないという事実を認識していることを証明しています。これらすべてのブランドが新しい会社の下で運営されているため、AT&Tは自社の事業に集中でき、個々のコンテンツ会社は以前よりも独立して事業を管理できます。

ディスカバリー社長兼CEOのデビッドザスラフは、統合された独立した会社を率いることになります。

AT&Tは、WarnerMediaのCEOであるJasonKilarが新会社で役割を果たす可能性があるかどうかについては述べていません。しかし、両社の従業員にとって、これは削減による不確実性の時期である可能性があり、「少なくとも30億ドルの予想コストシナジー」があります。