AppleMapsはリアルタイムのクラウドソーシングされた興味のあるポイントをテストしています

Appleは、匿名の位置データに基づいて、ビジネスがどれだけ忙しいか、または営業しているかどうかを通知するAppleMapsの新しいクラウドソーシング機能に取り組んでいます。

グーグルマップで見られるように

Googleマップは、ライブ訪問データと呼ばれる同様の完全にオプションの機能を提供します。これは、Google設定でロケーション履歴オプションを有効にした顧客からのクラウドソーシングデータに基づいて、場所がどれだけ忙しいかをユーザーに示すように設計されました。

同様の機能が、iOS14.5およびiPadOS14.5のAppleのマッピングサービスに導入されています。

Redditで最初に発見されたこの新機能は、iOS14.5およびiPadOS14.5のシステムサービスのプライバシー設定内に現れました。新しい画面に、リリースされていない機能がユーザーから匿名化された暗号化データを収集および使用する方法に関する情報が表示されるようになりました。

Appleがマップでこの新機能をフレーム化する方法は次のとおりです。

移動中(徒歩や運転など)、iPhoneは定期的にGPSデータ、移動速度、気圧情報を匿名の暗号化された形式でAppleに送信し、混雑した道路交通や大気補正を強化するために使用します。データベース。さらに、興味のある場所(たとえば、ビジネスや公園)の近くでアプリを開くと、iPhoneは匿名の暗号化された形式で位置データをAppleに送信します。これは、Appleが集約して、その場所かどうかをユーザーに知らせるために使用する場合があります。興味のあるものはオープンで、どれだけ忙しいのか。

iOSオペレーティングシステムは現在、特定の興味のあるポイントがどれだけ混雑しているかをユーザーに知らせるマッピング機能をサポートしていません。さらに、現時点では、この機能のユーザー向けの設定は(Appleが提供する新しいテキストを除いて)利用できません。

iPhoneとiPad用に開発されている新しいマッピング機能はこれだけではありません。

関連: iOSのGoogleマップで常に道順を開く方法

iOS14.5とiPadOS14.5のアップデートにより、 Appleは事故、道路の危険、スピードトラップなどに関するWazeのようなレポートも提供します。これにより、ユーザーはCarPlayの使用中にSiriを介して道路の危険を報告できます。また、場所に移動するときに下から上にスワイプすると利用できる新しい「レポート」オプションを手動で選択することもできます。

このAppleMaps機能はいつ使用できますか?

価値があるのは、今後のクラウドソーシングされた関心のあるポイントのデータ収集は、 [設定]> [プライバシー]> [位置情報サービス]> [システムサービス]> [ルーティングとトラフィック]で機能がオンになっている場合にのみ発生します。ただし、これがデフォルトで有効になるかどうかは不明です。

Appleは現在、開発者とパブリックテスターと一緒にアップデートを評価しています。他の機能と同様に、iOS 14.5が一般公開されたときにこの機能が起動するという保証はありません— Appleは、将来のiOS 14ポイントリリースまで機能を延期するか、キャンセルする可能性があります。

iOS14.5とiPadOS14.5は、春先のリリースが予定されています。