Apple TV +が無料サブスクリプション期間を再び延長

多くの人がApple製品を購入することでAppleTV +を1年間無料で手に入れました。そのプロモーションは2020年11月に期限切れになる予定でしたが、2021年2月まで延長されました。

現在、オファーは再び延長されています。対象者は、2021年7月まで無料でApple TV +を視聴できるようになります。

AppleはTV +サブスクリプションを無料で延長

2019年にAppleTV +が発売されたとき、Appleはできるだけ多くの人々を新しいストリーミングサービスに引き込むことに熱心でした。

これを実現するために、同社はiPhoneやiPadなどの対象製品を購入して、Apple TV +の年間サブスクリプションを無料で提供しました。

発売時にその取引を利用した場合、サブスクリプションは2020年11月に期限切れになるように設定されていました。ただし、 2020年10月に、Appleはそれらのサブスクリプションを2021年2月まで延長しました

現在、 9to5Macによって報告されているように、Appleはそのオファーを再び拡張しています。無料トライアルが2021年2月から6月の間​​に終了するように設定されていた場合、代わりに7月末に期限切れになります。

このオファーは、それらの月の間に期限切れになる年間サブスクリプション(無料で受け取るのではなく)を支払った人にも有効です。

1月15日より前に開始されたアクティブな月額プランのユーザーは、その期間に4.99ドルのストアクレジットを受け取ります。これは、AppleOneバンドルサブスクリプションの料金を支払う人にも当てはまります。

資格がわからなくても心配しないでください。 Appleは、これが適用される人に通知するために、今後数週間以内に電子メールを送信します。

Appleが無料のAppleTV +拡張機能を提供しているのはなぜですか?

Appleが最初に無料サブスクリプション期間を延長したとき、それは「誰もがCOVID関連の制限に満ちた厳しい冬をまだ見ていることを知っている」ためにそうしました。

ほとんどの場合、その状況は変わっていません。コロナウイルスのパンデミックは引き続き世界的な懸念事項であり、多くのApple TV +加入者が内部にとどまって娯楽を探しています。

COVID-19はメディアストリーミングサービスのブームでしたが、生産も遅くなりました。 Apple TV +は最近、サーヴァントやディキンソンのような番組の第2シーズンをリリースしましたが、モーニングショーのような他のいくつかの発売タイトルの新しいエピソードをリリースすることができませんでした。

サブスクリプションを延長するということは、Appleがユーザーをプラットフォーム上にとどめ、既存のライブラリを見るだけでなく、次のコンテンツを待つようにユーザーを誘うことができることを意味します。これには、トム・ホランド主演のチェリーと、フォー・オール・マンカインドのセカンドシーズンが含まれます。

カタログが増えているにもかかわらず、Apple TV +は、NetflixやAmazon PrimeVideoなどの競合他社と比べるとまだ不毛です。おそらく、3回目のトライアル延長が予定されている可能性がありますか?