Apple OneiCloudストレージを2つのアカウントに分割する方法

Apple Oneサブスクリプションを利用すると、さまざまなAppleサービスと追加のiCloudストレージにアクセスできます。 iCloudに他のすべてに使用するものとは異なるAppleIDアカウントを使用する場合は、AppleOneサブスクリプションを両方のアカウントに分割することもできます。

Apple OneiCloudストレージを別のAppleIDアカウントに割り当てる方法を説明します。これにより、一方のアカウントをiCloudに、もう一方のアカウントをiTunesまたはAppStoreに引き続き使用できます。

2つのAppleIDアカウントを使用する

一般的に言って、iCloud、iTunes、App Store、AppleMusicなどのすべてのAppleサービスに同じAppleIDアカウントを使用することをお勧めします。そうすれば、すべてのデータと購入が1つのアカウントにリンクされ、覚えておくべきパスワードは1つだけになります。

ただし、すでに複数のApple IDアカウントを使用している場合は、同じAppleOneサブスクリプションで両方を使用するために何も変更する必要はありません。

新しいデバイスでAppleIDを作成する場合、アカウントの一部を他の人と共有する場合、またはiCloudにサインアップするときに新しいアカウントを作成する場合は、2つのAppleIDアカウントになってしまうのが一般的です。

iPhoneでは、 [設定]> [あなたの名前]に移動して、iCloudアカウントを確認できます。これは、iCloudストレージ、バックアップ、および他のAppleデバイス間で同期するすべてのアプリにリンクされているアカウントです。

iTunesとAppStoreアカウントを確認するには、 App Storeを開き、[今日]ページの右上隅にあるプロフィールアイコンをタップします。これは、iPhoneでのメディアやその他の購入に使用するアカウントです。

関連: iPhone、Mac、またはWindowsPCでiCloudストレージをアップグレードする方法

Apple OneiCloudストレージを別のアカウントに割り当てる方法

Apple Oneにサインアップすると、iCloudストレージを別のAppleIDアカウントに割り当てるオプションが表示される場合があります。

このメッセージが表示されたら、「設定の変更」をタップし、iCloudで使用するApple IDアカウントを選択して、 「このアカウントを使用」をタップします。そのアカウントのパスワードを入力し、[確認]をタップします。

セットアップ中にメッセージが表示されない場合でも、[設定]でiCloudストレージを別のAppleIDアカウントに割り当てることができます。

あなたのiPhoneやiPadで、[設定]> [あなたの名前]>サブスクリプションをタップアップルワンiCloudストレージアカウントの管理を選択し、iCloudストレージを割り当てるAppleIDアカウントを選択します。 「このアカウントを使用」をタップし、 AppleIDパスワードを入力して「確認」します。

デバイスで両方のアカウントにすでにサインインしている場合にのみ、iCloudストレージを別のアカウントに割り当てるオプションが表示されます。

ファミリーシェアリングを使用してストレージを共有する

AppleOneファミリーまたはAppleOne Premiumサブスクリプションプランにサインアップする場合は、ファミリー共有を使用してiCloudストレージ共有することもできます。

これを行うには、 [設定]> [あなたの名前]> [家族の共有]> [メンバーの追加]に移動して、両方のアカウントを同じ家族共有ネットワークに追加します。

次に、「 iCloudストレージ」をタップして、ストレージをファミリー共有グループと共有することを選択します。

この方法でiCloudストレージを共有することを選択した場合は、他の人を家族共有グループに招待できます。そこにいる誰もがあなたのストレージを使用することができます。

AppleOneが既存のiCloudサブスクリプションを置き換えます

Apple Oneにサインアップすると、料金を支払った既存のiCloudストレージプランが自動的に置き換えられます。これが発生した場合、Appleはプランの未払いの週または月について返金します。

唯一の例外は、AppleOneプランで得られるよりも多くのストレージにすでに料金を支払っている場合です。その場合は、代わりにApple OneiCloudストレージを既存のプランに追加できます。