Apple Musicはまもなく、スワイプして曲のキューを管理できるようになります

今後のiOSアップデートでは、Apple Musicにスワイプモーションが追加されるため、キューに曲をすばやく簡単に追加できます。

Apple Musicはどのようなスワイプアクションを追加していますか?

Redditでユーザーfreaktheclownが発見したように、Appleは間もなくiOSアップデートの一環として、AppleMusicにスワイプアクションを追加する予定です。

これは現在、iOS 14.5ベータ2のすべてのユーザーが利用できます。iOS14.5アップデートはベータ版を終了し、今月後半に公開される可能性がありますが、日付はAppleによって確認されていません。

この更新により、曲を部分的にスワイプしてキューに追加したり、完全にスワイプして次に曲を再生したりできるようになりました。これは、Spotifyがしばらくの間提供してきたものと似ていますApple MusicとSpotifyの比較を参照してください)。

スワイプを実行してアクションを確認すると、簡単なポップアップ通知が表示されます。

AppleMusicのメニューインターフェイスも変更されています。これで、曲を長押しすると、メニューが画面全体を占めるのではなく、コンテキストに応じて表示されます。スクリーンショットは、専用のメニューアイコンをタップして表示することもできることを示しています。

これらは小さな変更ですが、AppleMusicの使用をよりスムーズかつ効率的にする必要があります。