Apple M2はM1を20%も上回っており、リークされたベンチマークショー

Appleの新しいM2チップは、本日リークされたGeekbench5テストに登場しました。今後の13インチMacBookProの内部で発見された、Appleシリコンの最新のイテレーションは確かに良い仕事をしました。

リークされたベンチマークに基づいて、M2はM1よりも最大20%高速であることが証明されているため、Apple自身のチップに対する期待を上回っています。

AppleのM2チップのCPUベンチマークがリークされました!

3.49GHzのCPUクロックとM1の3.2GHz
シングルコアのパフォーマンスの向上とM1:11.56%
マルチコアパフォーマンスの向上vsM1:19.45%

私の見積もりより少し良い。感動しました! https://t.co/TGHOHw77Ds
共有してくれた@amoss_137に感謝します。 pic.twitter.com/NS9xODnOdX

— Vadim Yuryev(@VadimYuryev) 2022年6月15日

13インチMacBookProはまだ予約注文ができていませんが、ノートブックの最初のベンチマーク結果、つまりM2チップの最初のベンチマークがすでにあります。 Apple自体は、M1からM2に切り替えると、パフォーマンスが約18%向上すると予測しています。これらはまだ初期の段階であり、ベンチマークの結果は1つしかありませんが、これまでのところ、非常に優れています。M2は、Apple自体が発表時にからかったものよりも優れた仕事をすることができました。

M2とM1には両方とも8つのコアがあり、これは4つのパフォーマンスコアと4つの効率コアに相当します。ただし、M2のクロック速度は高く、M1が提供する3.2GHzと比較して3.49GHzに達します。 M2はGPUコアの数でも勝ち、8から10になります。

Geekbench 5テストでは、M2チップを搭載した13インチMacBook Proがシングルコアテストで1,919ポイント、マルチコアテストで8,928ポイントを獲得しました。どちらも、それぞれ1,707と7,419を獲得したM1からの増加を示しています。これにより、シングルコアのパフォーマンスが11.5%向上し、マルチコアのパフォーマンスが19.5%向上します。これらのスコアは、M2をAppleがからかったものよりもほんの少し上に置いた。

様式化された背景のMacbookAir(2022)。

M2の2つの追加のGPUコアも、間違いなくその役割を果たしています。 Metalベンチマークでは、M1の21,001と比較して、M2は30,627ポイントを獲得しました。これは、2つのチップ間でなんと45%の増加です。

WWDC 2022で最初に発表されたM2チップは、新しいMacBook Airの内部と、前述の13インチMacBookProの内部にあります。 M2が次世代のAppleシリコンの到来を告げるのは事実ですが、それでも前世代からの飛躍は、一部の人が望んでいたほど大きくはありません。パフォーマンスが大幅に向上した真の世代ジャンプを確認するには、M3まで待たなければならない場合があります。

より多くのベンチマークが出現するまで、M2チップの真のパフォーマンスはわかりませんが、これまでのところ、これらの結果は有望です。噂のMacProを含む将来のAppleデバイスは、M2のいくつかのバージョンで飾られる可能性が高いので、間違いなく、今後数か月でさらに多くのデバイスが見られるようになるでしょう。