Appleが自社製品のまったく新しいアクセシビリティ機能を発表

何年もの間、Appleはアクセシビリティ機能をテクノロジーに組み込むことに非常に優れていました—それがVoiceOverスクリーンリーダーであろうとFaceTimeであろうと、手話や顔の表情を使って非言語的にコミュニケーションするためのツールを聴覚や会話に問題のあるユーザーに提供しました。

水曜日に、Appleは、自社製品の多数の新しいアクセシビリティ機能を発表することにより、この重要な遺産に基づいて構築を続けました。

SignTimeの紹介

5月20日木曜日にリリースされる予定のこれらの最初のものは、SignTimeと呼ばれる新機能です。これは、米国のアメリカ手話(ASL)、英国の英国手話(BSL)、またはフランスのフランス手話(LSF)を使用して、顧客がAppleCareおよびRetail CustomerCareとチャットできるように設計されています。これは、AppleデバイスのWebブラウザから直接実行できます。

また、Apple Storeの場所にアクセスする顧客もアクセスできるため、手話通訳者にリモートでアクセスしてショッピング体験を支援できます。この機能は当初、米国、英国、フランスでのみ利用可能になる予定ですが、Appleは、将来的には他の市場にも拡大すると述べています。

Appleのプレスリリースで、AppleのグローバルアクセシビリティポリシーおよびイニシアチブのシニアディレクターであるSarah Herrlingerは、次のように述べています。

「アップルでは、​​世界最高のテクノロジーがすべての人のニーズに対応する必要があると長い間感じてきました。チームは、私たちが作るすべてのものにアクセシビリティを組み込むために絶え間なく取り組んでいます。これらの新機能により、次世代のイノベーションの限界を押し広げています。 Appleテクノロジーの楽しさと機能をさらに多くの人々にもたらすテクノロジー—そして私たちはそれらをユーザーと共有するのを待ちきれません。」

AssistiveTouch、視線追跡、およびその先

もう1つのAppleの新機能はAssistiveTouchと呼ばれます。 watchOS用に設計されたAssistiveTouchは、Apple Watchに組み込まれているセンサーに加えて、機械学習の魔法を少し利用して、手足の違いがあるユーザーに手のジェスチャーでカーソルをナビゲートする方法を提供します。これは、他のアクションの中でも、着信コールに応答するために使用することもできます。

次に、ユーザーがサードパーティの視線追跡デバイスを使用してタブレットを制御できるようにするiPadの視線追跡サポート、画像のコンテンツを記述できる改善されたVoiceOver機能、iPhoneでの双方向補聴器のサポート、新しいMemojiのカスタマイズがあります。 「酸素チューブ、人工内耳、補聴器用のソフトヘルメット」などでユーザーを表現します。これらは、今後のソフトウェアアップデートで展開されます。

もう1つの人気のある機能は、ユーザーが集中したり、落ち着いたり、休んだりするのに役立つホワイトノイズを提供できる新しいバックグラウンドサウンド機能です。これらには、「バランスの取れた、明るい、または暗いノイズ」に加えて、海、雨、または小川の音が含まれます。 Appleは、この機能は「神経多様性のサポート」で設計されていると述べています。