AppImageプールを使用してLinuxにアプリを簡単にダウンロードしてインストールする方法

AppImagePoolは、Linux用のAppImageHubクライアントです。これを使用すると、ユーザーはAppImageHubストアからAppImageを簡単に参照およびダウンロードできます。 Linuxシステムで動作させる方法は次のとおりです。

AppImageとは何ですか?

AppImageは、MicrosoftWindowsでのポータブルEXEの状態を模倣した実行可能ファイルタイプです。 AppImagesは、Linuxアプリを簡単にインストールする方法が必要な場合に最適です。

AppImagesはサンドボックス化されて実行され、コンピューターに何もインストールする必要はありません。プログラムの実行に必要なものはすべて内部で圧縮されており、システムから安全に保護されています。ほとんどのAppImageファイルは、 AppImagesの人気のあるソースであるAppImageHubにあります。

AppImageファイルは実行可能であるため、Linuxマシンで実行するには、実行可能としてマークする必要があります。したがって、AppImageの権限の更新は、 chmodコマンドを使用してターミナルウィンドウで行うのが最適です。

 sudo chmod + x AppImageFile.AppImage

AppImageの権限が更新され、ファイルが実行可能としてマークされている場合、AppImageファイルは次のコマンドで実行できます。またはダブルクリックします。

 ./AppImageFile.AppImage

LinuxへのAppImageプールのインストール

AppImageプールは、FlathubアプリストアをFlatpakとして使用して、任意のLinuxオペレーティングシステムにインストールできます。さらに、ユーザーはそれをダウンロードしてAppImageとして実行できます。

AppImageプールツールを手に入れるには、それをインストールする必要があります。 Linuxデスクトップでターミナルウィンドウを開きます。キーボードのCtrl + Alt + Tを押すと、ターミナルウィンドウを開くことができます。または、アプリメニューで「ターミナル」を検索して起動します。

ターミナルウィンドウを開いた状態で、現在使用しているLinuxOSに対応する以下のAppImageプールのインストール手順に従います。

AppImage

AppImageメソッドは、LinuxでAppImageプールを設定するための最良の方法です。手始めに、これはAppImageストアであり、AppImageプールはストアを介して更新できます。また、Flatpakバージョンよりも頻繁に更新されます。

開始するには、 wgetコマンドを使用して、プロジェクトのGitHubページからAppImageプールの最新リリースを直接ダウンロードします。

 wget https://github.com/prateekmedia/appimagepool/releases/download/4.0.0/appimagepool-x86_64.AppImage

AppImageプールの最新リリースをコンピューターにダウンロードした後、ファイルのアクセス許可を更新する必要があります。さらに、Linux PCで実行するには、AppImageプールアプリを実行可能ファイルとしてマークする必要があります。

 sudo chmod + x appimagepool-x86_64.AppImage

権限が更新されると、AppImageプールを使用できるようになります。次のコマンドで起動します。

 ./appimagepool-x86_64.AppImage

または、Linuxファイルマネージャーを開いて「appimagepool-x86_64.AppImage」ファイルをダブルクリックすると、AppImageプールアプリを起動できます。

Flatpak

AppImageプールのAppImageリリースが機能しない場合は、Flatpakリリースで問題ありません。開始するには、Flatpakランタイムをコンピューターにインストールする必要があります。コンピューターでランタイムを設定するには、このテーマに関するガイドに従ってください。

コンピューターでFlatpakランタイムを設定した後、コンピューターでFlathubアプリストアを設定する必要があります。下のflatpakremote-addコマンドを使用して、 Flathubを追加します。

 flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

これで、Flathubアプリストアがコンピューターに構成されたので、AppImageプールのインストールを開始できます。以下のflatpakinstallコマンドを使用して、コンピューターにAppImageプールの最新リリースをセットアップします。

 flatpakインストールflathubio.github.prateekmedia.appimagepool

コンピューターでAppImageプールアプリケーションを有効にすると、アプリメニューに表示され、すぐに使用できるようになります。

AppImageプールを使用してLinuxにアプリをインストールする

AppImageプールを使用してコンピューターにAppImageアプリをインストールするには、以下の手順に従ってください。

ステップ1:アプリメニューからLinuxデスクトップでAppImageプールアプリケーションを起動します。アプリを開いた状態で、サイドバーを確認します。サイドバーに、選択できるカテゴリのリストが表示されます。

カテゴリを選択して、インストールしようとしているアプリを探します。閲覧したいカテゴリが見つかったら、AppImageプールリストで利用可能なアプリのリストを確認します。

ステップ2:アプリのリストを確認した後、インストールするアプリを選択します。アプリを選択すると、インストールしているプログラムのAppImageプールアプリページが読み込まれます。

ステップ3: AppImageプールアプリページで、青い[ダウンロード]ボタンを見つけます。このボタンを選択すると、アプリがホームディレクトリの「アプリケーション」フォルダにダウンロードされます。

ステップ4: AppImageプールプログラムがアプリのダウンロードを終了したら、使用する必要がなくなったため、アプリを閉じます。それを閉じた後、Linuxファイルマネージャーを起動します。

Linuxファイルマネージャーを開いて使用する準備ができたら、「アプリケーション」フォルダーを見つけて、マウスでクリックします。フォルダ内に移動したら、AppImageファイルをダブルクリックしてプログラムを起動します。

AppImageプールを使用てLinuxにアプリを簡単にダウンロードしてインストールする方法の投稿は、 AddictiveTipsに最初に掲載されました。