Android 12は、自動回転をよりスマートかつ高速にします

Android 12の公開リリースは、第3四半期の後半に予定されています。その前に、Googleは開発者とパブリックベータテスターに​​APIと機能の最終セットを備えたOSの3番目のベータをリリースしました。特に、最新のAndroid 12ベータ版では、Googleが自動回転をよりスマートにする方法を垣間見ることができます。

Android 12の「より優れた、より高速な自動回転」では、前面カメラを使用して位置を分析し、ディスプレイの向きを変更する必要があるかどうかを判断します。

Android12の自動回転はフロントカメラを使用します

Androidスマートフォンは通常、加速度計を使用して携帯電話の位置を特定し、それに応じて横向きまたは縦向きモードに切り替えます。

これはほとんどの場合機能しますが、ベッドに横になって電話を使用している場合、解決策はひどく失敗します。加速度計は、携帯電話が水平位置にあると判断し、横向きモードに切り替えますが、理想的には縦向きモードのままにしておくと、ユーザーエクスペリエンスが低下します。

これはまさに、GoogleがAndroid 12でのよりスマートな自動回転の実装で修正しようとしていることです。GoogleのAndroidのエンジニアリング担当副社長であるDave Burkeが、 Android Developersブログの投稿で説明しているように、電話はあなたの顔の向きを決定し、次にディスプレイの向きを変更する必要があるかどうかを決定します。

SamsungのようなAndroidOEMは、フロントカメラを使用して、見ているときにディスプレイをオンに保ちます。 Googleは現在、同じアプローチを使用して、自動回転を使用する際のユーザーエクスペリエンスを向上させています。

この機能のすべての処理はAndroid12のPrivateCompute Coreで行われるため、写真がサーバーに送信されたり、デバイスに保存されたりすることはありません。これとは別に、プライベートコンピューティングコアは、Android12のライブキャプションおよびスマートリプライ機能を強化するためにGoogleによっても使用されます。

このすべての処理が実際の自動回転を遅らせないようにするために、Googleは「アニメーションと再描画を最適化し、ML駆動のジェスチャ検出アルゴリズムを追加」しました。これらすべての改善により、自動回転の待ち時間が25%削減されます。

サムスンは実際に2012年にGalaxyS3でSmartRotationと呼ばれる同様の機能をデビューさせました。ただし、この機能は意図したとおりに機能しなかったため、会社が最終的にそれを永久に廃止したことは驚くべきことではありません。

関連:今すぐ携帯電話でAndroid12ウィジェットを入手する方法

Android 12は、スクリーンショットのスクロールのサポートを追加します

Googleは、Android12の3番目のベータ版でスクロールスクリーンショットのサポートも追加しました。これにより、[さらにキャプチャ]ボタンをタップして、スクロール可能なコンテンツの長いスクリーンショットをキャプチャできます。この機能は、Pixel以外のAndroidスマートフォンのほぼすべてにすでに存在しているため、Googleはここでの競争に追いついています。

Googleは最近、最初に完全にダウンロードしなくても大規模なゲームプレイできる別の新しいAndroid12機能も発表しました。

Android 12の最終リリースは、第3四半期に互換性のあるGooglePixelデバイスで最初に利用可能になります。その後、最終的には他のOEMからAndroidデバイスに移行します。