Androidは、モバイルセキュリティ対策を1つの傘の下でブランド変更します

Androidのセキュリティブランディングはこれまで特に強力ではありませんでしたが、同社による新しいイニシアチブは、 Androidセキュリティのすべての部門を1つの傘下に置くことでそれを変えているようです。本日、公式のAndroid YouTubeチャンネルに投稿された、 Protected by Androidというタイトルの動画で、同じ名前の新しいブランドが紹介されています。

率直に言って、まだそれほど多くはありません。 Protected by Androidは、同社がセキュリティ対策のキャッチオールとして使用しているように見えるフレーズにすぎません。このフレーズは、動画のタイトルとして、Androidの公式ウェブサイトの[安全性]タブへのリンクであるprotectedbyandroid.comを宣伝する最後のウェブアドレスに表示されます。

このビデオには、 Googleがオペレーティングシステムで採用する新しいセキュリティ対策は含まれていませんが、OSがユーザーに対してすでに行っていることを思い出させるものとして、Androidがすでに提供しているいくつかの異なるセキュリティ機能を紹介しています。このビデオでは、Playプロテクト、アプリを検証して有害なマルウェアをPlayストアから排除する方法、Androidのセキュリティ更新リマインダー、および個々のアプリにいつどの情報にアクセスしてほしいかをユーザーに尋ねるプライバシー通知を紹介しています。

前述のように、Protected by Androidは新しいものを導入するのではなく、Androidのセキュリティ機能を1つのブランドに統合します。導入された今、ブランドとその緑色のチェックマークシールドロゴは、今後のすべてのAndroidソフトウェアアップデートで頻繁に表示されるようです。

先週のGoogleI/ Oで、他のAndroidソフトウェアのアップデートと一緒にブランドが明らかにされなかったのは少し不思議です。とは言うものの、それに付随する新しいセキュリティ情報が他にないことを考えると、ブランディングの発表は、イベントで行われた他の主要な発表の隣に収まらない可能性があります。

Protected by AndroidのためにGoogleが他に何を用意しているかは時が経てばわかりますが、Androidのセキュリティを前進させるためにある程度のブランドの統一性があることは確かに素晴らしいことです。