AndroidのSpeech-to-Textが冒とく的な言葉をブロックしないようにする方法

ディクテーションモードとも呼ばれるSpeech-to-Textは、非常に便利な機能です。それがあなたに誓わせるなら。

デフォルトでは、AndroidのSpeech-to-Text関数は、アスタリスクを使用して単語をののしります。幸いなことに、おまるの口は、携帯電話がどのキーボードを使用していても、簡単にオフにできます。

SamsungキーボードとSwiftKeyで検閲をオフにする

Samsung電話では、SamsungキーボードなどのデフォルトのキーボードやSwiftKeyなどの一部のキーボードアプリケーションはディクテーションにBixbyを使用するため、実際にBixbyの設定に移動して変更する必要があります。ただし、システム設定メニューには表示されません。

1.音声テキストを開く

画像ギャラリー(2画像)

任意のアプリでキーボードを引き上げ、マイクを押してBixbyがリスニングを開始できるようにします。マイクが上がっているときに、歯車のキーをタップして[音声設定]を開きます。

2.「不快な言葉を隠す」をオフにします

設定画面で、「不快な言葉を隠す」のチェックを外します。これで、Bixbyは、口述したときに、ののしり言葉の検閲を停止します。

Gboardで音声からテキストへの冒とくを有効にする

多くの電話はデフォルトでGoogleのGboardになっています。 Gboardには多くの優れた機能がありますが、それでもデフォルトで呪いを検閲します。変更方法は、ディクテーションにBixbyではなく内部ソフトウェアを使用するため異なります。

1.Gboardの設定を開きます

Gboardの設定メニューにアクセスするには2つの方法があります。

オプションA:任意のアプリでGboardをプルアップし、カンマをロングタップします。ポップアップしたら歯車をタップします。

オプションB: [設定]メニューから移動することもできます。 [設定]> [一般管理]> [言語と入力]> [オンスクリーンキーボード]> [Gboard]に移動します。

画像ギャラリー(2画像)

Androidキーボードを別のアプリに変更した場合でも、この方法でそのアプリの設定に移動できます。

2.テキスト修正サブメニューを開きます

[テキスト修正]メニューをタップすると、[不快な言葉をブロックする]のチェックを外すオプションが表示されます。これにより、Gboardは、入力時に予測テキストで冒とく的な表現を提案することもできます。

画像ギャラリー(2画像)

設定を調整すると、ディクテーションモードで船乗りのように誓うことができます。あなたがそこにいる間、あなたはオートコレクトを調整することによってあなた自身にいくらかの悲しみを保存したいかもしれません、そうすればあなたはあなたが書いたテキストも風味豊かに保つことができます。