AdobeInDesignでファイルをパッケージ化する方法

Adobe InDesignを使用すると、コンピューターから画像とフォントをインポートして、同じドキュメントにレイアウトできます。 InDesignは必要なときにそれらを見つけるので、それらがどこにあるかを心配する必要はありません。

ただし、レイアウトで作業している場合は問題ありませんが、このファイルの配布により、デザインを他の人に渡す必要がある場合に問題が発生する可能性があります。名前の変更、移動、または削除されたファイルでも問題が発生する可能性があります。

InDesignドキュメントをパッケージ化することで、これらの問題を回避できます。すばやく簡単に実行でき、後で頭痛の種を大幅に減らすことができます。

InDesignパッケージとは何ですか?なぜそれを使用する必要がありますか?

InDesignドキュメントで作業するときは、コンピューターのどこからでも画像をドラッグできます。 InDesignはドキュメント内の画像ファイルへのリンクを作成しますが、実際のファイルはそのまま残ります。これは、ウェブサイトの画像の仕組みと似ています。ブラウザはリンクを使用してサーバーに保存されている画像ファイルを検索し、画面に表示します。

InDesignフォントでも同様のことが起こります。フォント自体は、InDesignドキュメント自体の一部ではなく、コンピューター上の別のフォルダーに保存されます。

これにより、InDesignドキュメントを共有するときに問題が発生する可能性があります。 InDesignファイルに画像を含めない場合、受信者は低解像度のプレビューしか表示できません。確かに、印刷には不十分です。

欠落している画像は[リンク]ウィンドウでフラグが付けられますが、受信者は問題を解決できません。また、受信者があなたと同じフォントを持っていない場合、受信者もテキストを正しく表示できません。

そこでパッケージングが登場します。すべてのアセット(画像とフォント)のコピーが、InDesignドキュメント自体のコピーとともに1つのフォルダーに配置されます。その後、このフォルダを他の人と共有することができ、他の人はそれを正しく開くために必要なすべてのものを手に入れることができます。

これは、作業をアーカイブするときにも役立ちます。画像を削除、移動、または名前変更すると、InDesignドキュメントに壊れたリンクが作成されます。同様に、システムフォントに変更を加えて、将来的に問題が発生する可能性があります。それらをパッケージ化することにより、後で開くために必要なすべてのものを含むドキュメントを保存できます。

パッケージ化により、ドキュメントのPDFコピー、およびIDML(InDesign Markup Language)ファイルを作成することもできます。これにより、古いバージョンのInDesignとの下位互換性が提供されます。

InDesignドキュメントをパッケージ化する方法

ドキュメントのパッケージ化は簡単なプロセスですが、途中で知っておくべきオプションはほとんどありません。それらについてはすぐに見ていきます。

ドキュメントのパッケージ化に取り掛かりましょう。

これが典型的なInDesignのレイアウトです。 2ページの長さで、ロゴを含めて、合計4つの画像を保持します。これらは、コンピューターのさまざまな場所から持ち込まれています。

このドキュメントでは、さまざまな種類のテキストで、合計5つのフォントを使用しています。これらの画像とフォントはすべて、パッケージ化されたドキュメントに含める必要があります。

開始するには、メインメニューから[ファイル]> [パッケージ]に移動します。ショートカットCtrl + Alt + Shift + P (MacではCmd + Option + Shift + P )を使用することもできます。

[パッケージ]パネルの最初の部分は[概要]セクションです。これにより、パッケージに何が含まれるかがわかります。画像やフォントが不足していると表示された場合は、ファイルをパッケージ化する前にそれらを修正する必要があります。

ドキュメントに戻るか、[パッケージ]パネルの[フォント]セクションと[リンク]セクションと[画像]セクションを使用して、これらの問題を見つけて修正することができます。

関連: InDesignストーリーエディターの使用方法

目的の受信者に指示または連絡先の詳細を渡したい場合は、[印刷指示の作成]にチェックマークを付けます。すべての画像とフォントが正しくリンクされていると仮定して、[パッケージ]をクリックします。

ドキュメントに未保存の変更がある場合、InDesignはドキュメントを保存するように要求します。 [保存]をクリックして続行します

最後のステップで[印刷手順の作成]にチェックマークを付けた場合は、ここで入力します。連絡先情報など、入力するさまざまなフィールドがあります。最後の4行はあなたの指示のためです。

これには、送信したい追加情報を含めることができます。それらはテキストファイルに追加され、パッケージ化されたコンテンツフォルダに含まれます。完了したら、[続行]をクリックします。

次に、パッケージ化されたフォルダーの場所を選択する必要があります。ここにはいくつかのチェックボックスもあり、さまざまなオプションを切り替えることができます。

通常、これはデフォルト設定のままにしておくことができますが、[フォントのコピー]、[リンクされたグラフィックのコピー] 、および[パッケージ内のグラフィックリンクの更新]がオンになっていることを確認してください。

また、パッケージフォルダーにIDMLファイルとPDFファイルを含めるかどうかを選択します。ドキュメントのPDFが必要な場合は、ここでそのファイルの品質を設定することもできます。

必要に応じて、[手順]をクリックして戻って印刷手順を編集することもできます。続行する準備ができたら、[パッケージ]をクリックしますフォントのライセンス条項に関する警告が表示される場合があります。

フリーフォントのウェブサイトからダウンロードしたものであっても、多くのフォントは著作権の対象となるため、これは、あらゆる種類の商用作業を行う場合に重要です。警告を読み、問題がないと仮定して、[ OK ]をクリックします。

InDesignはすべてをまとめて、すべて同じフォルダーに配置します。そのフォルダを開くと、含めることを選択したすべてのものが表示されます。この例では、リンク(画像)用のフォルダー、印刷手順、PDF、IDMLファイル、実際のInDesignファイル自体(INDD)を含む、使用したすべてのフォント用のフォルダーがあります。

これにより、受信者は作品を複数の方法で表示でき、最新バージョンのInDesignがない場合のフォールバックとしても機能します。もちろん、PDFは、InDesignをまったく開かなくても作品を表示できることを意味します。

InDesignドキュメントをパッケージ化するタイミング

InDesignドキュメントをパッケージ化すると、基本的に作業のスナップショットが作成されることに注意してください。ドキュメントの元のバージョンに変更を加えた場合、それらは既に作成したパッケージには反映されません。ドキュメントが完成し、印刷する準備ができたら、ドキュメントをパッケージ化するのが最も理にかなっています。

もちろん、物事は常に計画通りに進むとは限らず、パッケージ化した後でデザインを変更する必要があるかもしれません。それは問題ありませんが、他の人と共有するコピーにそれらを反映させたい場合は、このガイドの手順を繰り返して新しいパッケージを作成する必要があります。