Adobe PremiereProでプロジェクトマネージャーを使用する方法

複雑な編集プロジェクトで作業するには、多くの場合、PremiereProで複数のメディアソースから素材を調達する必要があります。

納品後数か月後に戻るように求められたプロジェクトの資料が失われたかどうかを考えるのは意味がありません。そのため、プロジェクトとその資産を適切に保護する方法を知っていることが重要です。

これを実現するために、Premiere Proプロジェクトマネージャーは、プロジェクトを別の場所に移行し、使用済みのすべてのアセットを安全にバックアップできる多用途のツールです。

それでは、Premiere Proのプロジェクトマネージャーを使用して、プロジェクトを整理してそのまま維持する方法を学びましょう。

入門

シーンを設定しましょう。主要なプロジェクトの編集が完了し、成果物がクライアントに出荷されました。将来的には、恐ろしいMediaオフラインメッセージを受信せずにプロジェクトにアクセスできるようにしたいと考えています。

ビジネス契約に従って、クライアントがプロジェクトをアーカイブすることを望んでいる場合もあります。したがって、ビデオを実現するために必要なすべてのものを含むフォルダーがあることを確認する必要があります。これには、画像、ビデオ、およびオーディオクリップが含まれます。

プロジェクトマネージャーは、キャプションツールで作成された字幕ファイルなど、PremierePro内で作成されたファイルと設定もバックアップします。

関連:キャプションツールを使用してPremiereProで動的字幕を作成する方法

新しいプロジェクトを配置できるフォルダーを作成することから始めましょう。プロジェクトとフォルダ構造を整理するために、適切にラベル付けされていることを確認してください。

Premiere Pro内で、 [ファイル]> [プロジェクトマネージャー]をクリックします。これにより、プロジェクトマネージャが新しいウィンドウで開き、バックアップ用のいくつかのパラメータを設定できます。

以下は個々の設定です。

シーケンス

このウィンドウは、PremiereProがアセットを確認および統合するシーケンスを決定します。デフォルトでは、すべてのシーケンスが選択されます。

何でこれが大切ですか?複数のバージョンのシーケンス(たとえば、Edit V1、Edit V2など)がある場合は、スペースを節約するために、最終的なカットを行わなかったマテリアルを除外することをお勧めします。

また、バックアップするか削除するかを決定する必要がある複数のバージョンと代替編集がある場合もあります。

宛先パス

これは、プロジェクトファイルとすべてのアセットが保存される場所です。以前に作成したフォルダとして設定します。

結果のプロジェクト

これはプロジェクトマネージャーの最も重要な設定であり、ニーズに応じて慎重に選択する必要があります。 2つの選択肢があります。

  1. すべてのファイルを新しい場所にコピーするには
  2. これらのファイルを統合またはトランスコードするには

これらとそれらの追加オプションの両方がどのように機能するかを実行してみましょう。

ファイルを収集して新しい場所にコピーする

これは、2つの設定の中でより自明です。ご想像のとおり、これにより、Premiere Proプロジェクトが使用するすべてのファイルとアセットが確認され、それらがフォルダーにコピーされます。

統合とトランスコード

ファイルの統合とトランスコードは少し簡単なオプションではありませんが、プロジェクトで何をしたいかに応じて追加のオプションを開くことができます。

基本的に、すべてのビデオアセットは、選択可能な新しい形式に変換されます。

なぜこれをするのですか?カメラからの特に大きなRAWファイルを表示方法を超える解像度で使用している場合は、サイズが非常に大きく、オンラインでの送信が難しいため、これらをクライアントに提供したくない場合があります。

プロジェクトのファイルをより小さな解像度に変換することを選択すると、これらの問題を克服できます。また、アーカイブ用にプロジェクトを最適化することもできます。

トランスコード設定

プロジェクトのアセットをトランスコードすることを選択した場合は、操作する追加の設定がいくつかあります。

これらの最初のものはソースです。これにより、クリップが変換される形式が決まります。

シーケンスは、クリップを編集シーケンスの仕様にトランスコードします。したがって、HDシーケンスで使用される4KクリップはHDにトランスコードされます。

個々のクリップは、ファイルを元の仕様にトランスコードします。したがって、プロジェクトで使用されるHDクリップと4Kクリップは、それぞれHDと4Kの解像度のままになります。

プリセットを使用すると、独自の形式と設定を設定できます。自分のニーズとワークフローに応じて、どちらを選択するかについて正しい答えも間違った答えもありません。

追加オプション

追加のオプションも利用できます。バックアッププロセスに最も関連する設定を見てみましょう。

Adobe DynamicLinkを使用してAfterEffectsプロジェクトをPremiereプロジェクトに接続している場合は、プロジェクトマネージャーが接続されたAfterEffectsファイルを処理する方法を指定できます。

関連: Adobe AfterEffectsおよびPremiereProでダイナミックリンクを使用する方法

未使用のクリップを除外する

これは、缶に書かれていることを行います。これを有効にすると、シーケンスで使用されていないクリップやアセットがコピーされなくなります。

ハンドルを含める

ハンドルを追加すると、シーケンスで使用されるクリップのどれだけをトランスコードするかを指定できます。ハンドルなし(0フレーム)では、編集で使用されたクリップの長さのみが表示されます。 25フレーム/秒のシーケンスで200フレームのハンドルを使用すると、両側に8秒の余分なクリップができます(十分な長さの場合)。

メディアクリップの名前をクリップ名に変更

これを切り替えると、サブクリッピングまたはネストによって名前が変更された場合、生のフッテージファイルの名前がPremiereのクリップの名前に変更されます。

編集でAfterEffectsシーケンスを使用している場合は、動的リンク(ここで前述)を使用して、これらをフッテージに変換するか、ソースのAfterEffectsファイルをコピーするかを指定できます。これは、 AfterEffectsコンポジションをクリップに変換することで実現されます。

アルファを保持

これをチェックすると、アルファチャネルを持つファイルが透明性を維持することが保証されます。

バックアップサイズの確認

設定が完了したら、[ディスク容量]ボックスを使用して、プロジェクトのサイズを決定できます。これは、ストレージ用に特定のサイズ未満のプロジェクトバックアップを取得する必要がある場合に特に役立ちます。

すべての設定が完了したら、[ OK]をクリックします。その後、Premiere Proはプロジェクト、フッテージ、アセットの移行を開始し、指定されている場合はファイルを変換します。

次のステップ

そして、あなたはそれを持っています!

完了すると、PremiereProプロジェクトをバックアップまたは移行するために必要なすべてのものを含むフォルダーが作成されます。

ワークフローを改善し、バックアップする前にプロジェクトを整頓しておくことも良い考えです。