Adobe AfterEffectsおよびPremiereProでダイナミックリンクを使用する方法

Adobe AfterEffectsワークフローとPremiereProワークフローをスムーズに切り替えることができるため、特に締め切りが厳しい場合に、編集プロセスを大幅にスピードアップできます。

ダイナミックリンク機能のおかげで、タイムラインとプロジェクトを接続し、2つのワークフローをすばやく切り替えることができます。このリンクされたコンポジションは、After Effects内で編集および調整でき、Premiereタイムライン内で「動的に」更新されます。

この記事では、PremierePro内でAfterEffectsにリンクされたコンポジションを作成するプロセスと、2つを切り替える方法について説明します。

ダイナミックな構図の作成

2つのAdobeプロジェクトをDynamicLinkにリンクするのは比較的簡単です。これは、両方のプログラムがシーケンスを共同で共有できるようにする機能です。

開始するには、まず、After EffectsとPremiereProの両方が開いていることを確認し、プロジェクトに名前を付けて保存し、リンクする準備をします。 Dynamic Linkは、開いているプロジェクトがない場合、After Effectsプロジェクトを自動的に作成しますが、これはすぐに面倒で混乱する可能性があります。

これが完了したら、PremiereタイムラインでAfter Effectsコンポジションとして指定するクリップ(または複数のクリップの選択)に移動して、さらに作業を進めます。これは、オーバーレイが必要なフッテージのセット、またはKeylightプラグインを使用したクロマキーイングが必要なクリップの場合があります。

この選択を右クリックし、メニューから「 AfterEffectsコンポジションに置き換える」を選択します。これを行うと、フッテージはタイムライン内の新しい単一のクリップに置き換えられます。

After Effects内で、フッテージが新しいコンポジションで表示され、ソフトウェアが提供するすべてのエフェクトとモーショングラフィックスを適用できます。

リンクされたコンポジションの使用

リンクされたコンポジションは、Premiereタイムライン/プロジェクトのクリップで表されるAfterEffectsプロジェクトのコンポジションです。素人の言葉で言えば、リンクされたAfter Effectsコンポジションのクリップを調整すると、それらの変更がPremiereのクリップに反映されます。

リンクされたコンポジションは非常に便利な機能であり、AfterEffectsのクリップや機能をPremiere編集に追加する場合に便利です。このように、編集内容をAfter Effectsにエクスポートし、それらのエフェクトを作成して、PremiereProにエクスポートするというより複雑なプロセスを実行する必要はありません。

これにより時間が短縮され、再レンダリングやエクスポートを行わなくても、グラフィック、タイトル、エフェクトをすばやく更新できるようになります。

既存のAfterEffectsコンポジションのインポート

After Effectsでビジュアルコンテンツまたはグラフィックスを既に作成していて、それらを既存のPremiere編集に取り入れたい場合は、既存のコンポジションをPremiereProにリンクすることもできます。これを行うには、 [ファイル] > [インポート]機能を使用して、After Effectsプロジェクトファイル(AEP)をインポートするだけです。

After Effectsファイルをインポートすると、ポップアップウィンドウが表示され、リストからリンクするコンポジションを選択できます。その後、Premiereプロジェクトにリンクされたコンポジションとして表示されます。

例:AfterEffectsでカスタムタイトルを追加する

この記事には消化すべきことがたくさんありますが、ダイナミックリンクがどのように機能するのかまだ少しわからないかもしれません。 2つのプログラム間での作業に慣れるには、数回の試行が必要になる場合があります。

次に、Premiere Proでの基本的な編集シーケンスの作成と、AfterEffectsでアニメーションタイトルグラフィックを適用するためのフッテージのセクションの送信について説明します。この機能を実際に使用すると、プロセスがはるかに簡単になります。

Premiere Proのタイムライン内で、クリップの基本的なシーケンスを作成することから始めることができます。この例では、 Pexelsから選択したフッテージを使用します。これは、ロイヤリティフリーのストックフッテージ提供している多くのサイトの1つにすぎません。

タイムラインが作成されたら、クリップを選択してAfterEffectsに送信してさらに作業を進めることができます。タイトルグラフィックを適用するには、オープニングクリップを選択します。もう一度、クリップを右クリックして、[ AfterEffectsコンポジションで置換]を選択します。

AfterEffects内での編集

After Effectsでは、PremiereProから送信されたクリップが新しいコンポジションで表示されます。

フッテージ全体にアニメーションのタイトルまたはグラフィックをオーバーレイできるようになりました。いくつかのサンプルテキストを作成してアニメーション化し、上に配置します。

また、After Effectの3Dレイヤーを使用して、テキストに奥行き感を与えることもできます。これを行う方法の詳細については、 AfterEffectsでの3Dワークフローの使用に関するこのチュートリアルを確認してください

タイトルのルックアンドフィールに満足したら、プロジェクトを保存することを忘れないでください。 Premiere Projectに切り替えて、ボイラーを実行します。これで、リンクされたコンポジションがPremiereタイムライン内で再生されるはずです。

さらなる調整

少し考えてみると、このタイトルに選択されたフォントとアニメーションスタイルは、ビデオの全体的な感触に適合していません。そのため、通常はPremiere内でタイトルとエフェクトを調整しますが、リンクされたコンポジションを変更するには、AfterEffectsに戻る必要があります。

After Effectsに戻り、いくつかの変更を加えます。まず、テキストレイヤーのフォントを変更し、モーションキーフレームを調整して、動きがビデオに溶け込むようにします。

満足したら、プロジェクトを保存してPremiereProに戻ります。ダイナミックコンポジションは、AfterEffects内で適用された変更を反映するように自動的に更新されているはずです。

これで、AfterEffectsとPremiereProの間でプロジェクトを動的にリンクすることで、ワークフローを強化および改善できるようになります。このように2つのソフトウェアを共同で使用すると、より直感的な作業のための多くの道が開かれます。作成を開始してください。

ダイナミックリンク機能の使用方法がわかったので、それを最大限に活用してください。 Dynamic Linkの一般的な使用法は、PremierePro内からAfterEffectsにクロマキーを必要とするフッテージを送信することです。緑色の画面で作業している場合、これは間違いなく便利です。