Acer Spin 7 5G Qualcomm Snapdragon 8CXプロセッサーを搭載した最初のラップトップ

Acerは、IFA 2020で最初の5G対応ラップトップを発表しました。AcerSpin 7は、Acerの最初の5G対応ラップトップであるだけでなく、クアルコムの新しいSnapdragon 8CX Gen 2プロセッサーを搭載した最初のラップトップでもあります。

Acer Spin 7は、既存のモデルのアップグレードバージョンであり、プロセッサーがほとんどのパワーブーストを受け取ります。

Spin 7は、Qualcomm Snapdragon 8CX Gen 2チップを搭載した最初のラップトップであり、ミリ波とサブ6 5Gスペクトルの両方をサポートします。 Acer Spin 7には、ラップトップの側面にドッキングする4,096の感圧ワコムペンが含まれます。

抗菌Corning Gorilla Glass、2つのUSB-Cポート、および古いデバイス用の便利なUSB-Aポートを備えた14インチIPS FHDタッチスクリーンパネルもあります。

もう1つ注意すべき点は、バッテリーの寿命です。 Acerは、Spin 7バッテリーは「複数日」の使用に適していると考えています。改良されたSnapdragonプロセッサとバッテリーテクノロジーの組み合わせにより、1回の充電でラップトップが数日間持続する可能性があります。もちろん、これらの主張は常に使用レベルと使用するアプリに依存しますが、数日間のバッテリーの見込みにより、これは購入者にとってより魅力的なものになるはずです。

Spin 7の重量はわずか3.09ポンドで、厚さは0.63インチです。サイズ、重量、およびバッテリー寿命の組み合わせにより、Spin 7は旅行者、ビジネスマン、学生のいずれにとっても優れた展望になります。

残念ながら、AcerはまだSpin 7の具体的なリリース日を設定していません。また、リリース時に価格設定ポイントもありません。

IFA 2020で、クアルコムはSnapdragon 8CX Gen 2プロセッサーを使用するデバイスが年内に到着することを示したので、Spin 7を待つのはそれほど長くないはずです。