Acerは、組み込みの3D技術を備えた目を見張るようなディスプレイを発売します

Acerは、SpatialLabsViewシリーズディスプレイによる立体3D範囲の拡張を発表しました。ゲームセグメント用に設計された2つの新しいポータブルモニターが発表されました。AcerSpatialLabsViewとSpatialLabsViewProです。

前者は特にゲーマーを対象としていますが、後者は小売業者(キオスクなど)などの商用オーディエンスのモニターとして説明されています。

Acer SpatialLabs View Proは、トレーナーの3Dモデルを表示する小売キオスクです。

どちらの製品も、PCに接続できる15.6インチの4Kディスプレイです。特に、モニターは「ゲーマーとホームエンターテインメント愛好家」の両方にメガネなしの立体3Dテクノロジーを導入しています。

モニターの軽量設計は、重量が1.5 kg(3.3 lbs)未満であり、ゲーマーが簡単に持ち運びできる携帯性要素を提供します(旅行、LANパーティーなど)。

Acerは、SpatialLabsViewがAdobeRGB色域を100%カバーしていることを、その傑出した機能の1つとして強調しました。これは、400ニットの明るさを提供する機能によって補完されます。

AcerSpatialLabsViewとSpatialLabsViewProのモニターが並んでいます。

AcerSpatialLabsViewの他の主要な機能のいくつかは次のとおりです。

  • パネルタイプ– IPS
  • 最大解像度とリフレッシュレート– Ultra HD 3840 x 2160 @ 60Hz、3Dモードで片目あたり2K
  • 応答時間– <= 30ms
  • コントラスト比– 1200:1
  • 明るさ–323ニット
  • 視野角–170°
  • 入力信号ポート– HDMI2.0x1およびUSB3.0x1

SpatialLabs View Proの仕様はほぼ同じですが、標準バージョンとは異なり、VESA壁取り付け機能(100x100mm)が含まれています。とは言うものの、ViewとView Proはどちらも、+25°の傾斜/高さ調整/回転/回転を提供します。

ただし、1つの欠点は、両方のモニターにスピーカーがないことです。

SpatialLabs TrueGame

スタンドアロンモニターのペアの導入に加えて、AcerはSpatialLabs TrueGameを発表しました。これは、さまざまなゲームに立体3Dを提供する新しいアプリケーションです。

「これが可能なのは、ゲームが主に3次元を念頭に置いて作成されているためです。開発者は、作成する各シーンとオブジェクトの深さに関する情報を含めます。 SpatialLabsは、この既存の情報を活用して、ゲームを立体3Dで表示します」と同社は説明しました。

AcerSpatialLabs3Dモニターを使用したゲームのセットアップ。

事前設定された3Dプロファイルは、発売時に互換性のある「50以上のモダンおよびクラシックタイトル」のそれぞれで利用可能になります。さらに、追加のタイトルのプロファイルが「今後も継続的に」導入されます。

TrueGameアプリケーションが開かれると、Acerは、「再生」ボタンを押すだけでよいと強調しました。その後、プログラムは「ユーザーのシステムで必要なゲームファイルを自動的に起動し、タイトルに関連付けられたTrueGameをアクティブ化することで残りを実行します。ステレオスコピック3Dでゲームを起動するための3Dプロファイル。」

Acerは、TrueGameテクノロジーは、メガネを必要とせずに3Dでタイトルを表示できるため、本質的に新しいタイトルの再生方法であると主張しました。

ゲーマーは、「プレイヤーがこれまでに経験したことのないような没入感を体験します。部屋はより広々として見え、オブジェクトは真に階層化されているように見え、冒険はよりエキサイティングになります。すべてがスムーズに、リアルタイムで、特別なメガネを必要とせずに行われます。」

AcerSpatialLabsViewとSpatialLabsViewProは、どちらも標準の4Kモニターとして利用できます。

2Dを3Dに変える

SpatialLabs View Proモニターには、クリエイティブなプロフェッショナル向けのSpatialLabsModelViewerという特別な機能が付属しています。 TrueGameと同様に、Cinema 4D、Revit、Solidworksなどのデザインアプリで作成されたファイルをサポートする3D立体視機能を統合しています。 AcerのSpatialLabsModelViewerアプリでデザインファイルを開くと、専用のメガネを必要とせずに3Dでレンダリングされます。

AcerSpatialLabs3Dモニターを使用して男性が机に座っています。

また、BlenderおよびMayaアプリとの統合も自慢で、通常の2Dディスプレイでファイルを編集でき、加えた変更はすべてリアルタイムで3DSpatialLabsモニターに反映されます。

他の場所では、2Dコンテンツを立体3Dコンテンツに変換するAcerのSpatialLabsGoテクノロジーについて詳しく説明しました。人工知能技術により、「フルスクリーンで表示できるほぼすべてのもの」から立体3Dコンテンツを作成できます。

その結果、デバイスで写真やビデオを撮ることができるようになります。ここから、これらのアセットがシステムにロードされた後、SpatialLabsGoはシミュレートされたステレオ3D画像を生成します。

「写真が画面から飛び出し、シンプルなWebゲームがもう少しエキサイティングになり、ビデオ(オンラインまたはオフライン)がリアルタイムで別のレベルの没入感を獲得します。」

Acer SpatialLabs View(ASV15-1B)は現在、今年の夏に発売が予定されており、価格は$1,099からです。 Acerは、SpatialLabsViewProの価格や在庫情報を提供していません。