Acerの新しいワークステーションはこれまでになく強力です

Acerは、ConceptDワークステーションがアップデートを受け取ることを発表しました。これは、デスクトップとラップトップの両方に適用されます。

クリエイターやその他の専門家向けに作られたワークステーションは、IntelAlderLakeプロセッサと最新のNvidiaグラフィックカードの恩恵を受けることができます。

女性が机の上に座っています。彼女の後ろには、AcerConceptDワークステーションがモニターの横に立っています。

Acerの発表は、既存の製品ラインの続きであり、ConceptD 5ラップトップ、ConceptD 5 500デスクトップ、コンパクトなConceptD100デスクトップの3つの製品で構成されています。これらが今年後半に市場に出回るのを見始めるでしょうが、Acerはすでに完全な仕様をリリースしており、これらの美しいデスクトップについての洞察を与えてくれます。

私たちが美しいと言うとき、それは本当にそれを意味します— ConceptDデスクトップワークステーションは、同様の製品から際立っている非常にスタイリッシュでミニマリストな外観を持っています。 ConceptD500から始めましょう。

マットな白いシャーシと琥珀色の照明を組み合わせることで、それ自体がすべてインスピレーションを与えてくれます。グラフィックデザイナー、建築家、3Dアニメーター、ビデオエディター、その他の必要な専門家など、日常的にインスピレーションに依存している人々に合うように作られています。強力なワークステーション。

かわいらしい中型のシャーシの中には、市場が現在提供できる最高のコンポーネントがいくつかあります。 Acerのアップデートにより、このデスクトップは第12世代Intel Core i9プロセッサになり、NvidiaRTXA4000またはGeForceRTX3070グラフィックスカードのいずれかを選択できるようになります。コンピューターは最大128GBのDDR4RAMをサポートでき、最大4TBの十分なストレージを提供できます。

印象的なConceptD500の後には、スモールフォームファクターのConceptD 100が続きます。これは確かにコンパクトな側面ですが、それでも十分な量の電力を供給できるはずです。 500と同様のデザインでありながらユニークであり、わずかに劣った仕様のセットを提供しますが、それでもConceptD500の余分な機能をまったく必要としない人にとっては印象的なワークステーションになります。

モニターとキーボードと一緒に机の上にAcerConceptD500デスクトップ。

ConceptD 100では、ユーザーは第12世代Corei5またはCorei7プロセッサー、およびNvidiaのT400またはT1000グラフィックスカードのいずれかを見つけることが期待できます。これらのデスクトップは最大128GBのDDR4メモリもサポートしますが、ストレージオプションを一段と縮小します。4TBSSDの代わりに、ユーザーは2TBHDDと2TBSSDを選択できます。

最後の新しいリリースは、更新されたConceptD 5ラップトップワークステーションの形式で提供され、Proバージョンでも利用できます。外出先で作業を行う必要がある場合は、CADモデリングやさまざまなコンテンツ作成などのリソースを大量に消費するタスクに確実に対応できます。

新しいラップトップには、最大Core i7-12700Hプロセッサ、Nvidiaのラップトップグラフィックカード、最大32GBのLPDDR5 SDRAM、および最大2TBSSDストレージが搭載されています。これらの画面も非常に印象的で、3840 x2400の解像度のWQUXGAOLEDパネルが、毎日の作業に役立つ明るく鮮やかな色を提供することを約束します。彼らが将来的に最高のモバイルワークステーションのリストに載ることはほぼ間違いありません。

ConceptD 5ラップトップは8月に2,499ドル以上で到着し、続いてProが9月に2,599ドルから販売されます。デスクトップに関しては、ConceptD 100ワークステーションが最初にEMEAで利用可能になり、9月に999ユーロから始まりますが、ConceptD500の価格は最初から1,199ユーロになります。