音声ディクテーションがWindows 10 Insider Build 20206に登場

Windows 10 Insider Previewビルドは、Microsoftが将来のオペレーティングシステムに向けて準備しているものを確認するための優れた方法です。ビルドの最新の更新では、いくつかの高度な音声ディクテーション機能と改良された絵文字ピッカーが導入されています。

この更新に関するニュースは、 Windowsブログで報じられました。マイクロソフトは長年にわたって音声タイピングの実験を行ってきましたが、今回の更新は、キーボードから手を休める必要がある同社の最新の試みです。

音声入力機能には、次のものが含まれます。

モダンなデザイン–タッチキーボードでの使用に最適化されています。

疑問符やピリオドを気にせずに簡単に考えを書き留めることができる自動句読点(設定でオンにします)。

Windowsでこれまでで最も信頼性の高い音声入力エクスペリエンスのための更新されたバックエンド。

このInsiderビルドを使用している場合は、WIN + Hを押すか、タッチキーボードを開いてマイクボタンをクリックすることにより、音声ディクテーションをアクティブにすることができます。

絵文字でメッセージにスパイスを加えるのが好きな方は、MicrosoftがWindows 10の絵文字ピッカーを刷新していると聞いて喜んでいます。セレクターのデザインが更新され、正確な感情をより適切に検索できるようになり、GIFがサポートされるようになりました。

このアップデートでは、タッチキーボードも刷新されます。キーボードには、触覚フィードバックを改善するために、新しいアニメーションとキープレスのサウンドが追加されました。特定のキーを押すことで、子キーを簡単に入力できるようになりました。

絵文字ピッカーがタッチキーボードに表示され、新しく改良された音声認識がボタンに表示されます。

最後に、タッチキーボードのスペースバーに指を置き、指を動かしてカーソルを移動できます。これは、タッチキーボードが画面上にあるときはいつでも、その場しのぎのトラックパッドがあることを意味します。

マイクロソフトは長年にわたって音声コマンドに革命を起こすために何度も試みてきましたが、同社はその試みを止めていません。 Microsoftが音声コマンドをWindows 10に導入する方法に関する今後の開発については、随時お知らせします。

マイクロソフトが私たちに自分の声よりも自分の声でもっと多くのことをしてほしいと望んでいるのは明らかです。結局のところ、同社は最近、自動音声文字変換をWord for the Webに実装しました。