誰かがあなたのウェブカメラをハッキングするのはどれくらい簡単ですか?

ウェブカメラのレンズを調べて、ハッカーが振り返っているかどうか疑問に思ったことがある場合は、思ったよりも可能性が高くなります。サイバー犯罪者は、ウェブカメラをハッキングするために使用できる複数のツールを武器に持っています。

知らないうちにウェブカメラを表示する3つの方法と、自分自身を保護する簡単な方法を次に示します。

ウェブカメラをハッキングするのはどれくらい簡単ですか?

それで、誰かがあなたのウェブカメラをハッキングするのはどれくらい簡単ですか?要するに、それは信じられないほど簡単ではありません。ハッカーが助けなしにウェブカメラを見つけてアクセスできるわけではありません。ただし、ハッカーがPCまたはラップトップに足を踏み入れた場合、ハッカーがWebカメラを覗き込むのは簡単な仕事です。

人々はどのようにウェブカメラをハッキングしますか?ハッカーは、既存のスパイソフトウェアを利用するか、インターネット接続機能を悪用するか、トロイの木馬ウイルスを使用してシステムに侵入します。

1.スパイソフトウェアを使用してアクセスを取得する

リモート管理ツール(RAT)は、多くの場合、マシンをリモートでアップグレード、構成、追跡するために企業環境にインストールされます。

2010年、ローワーメリオン学区の2つの高校が、生徒の知らないうちにLANrevと呼ばれるアプリケーションのリモート監視機能使用したとして訴訟を起こしました。

ラップトップは学校が所有し、生徒が自宅学習に使用しました。ただし、これらのマシンにインストールされているセキュリティソフトウェアには、管理者がWebカメラをリモートで表示できるTheftTrackが含まれていました。

この機能は、ノートパソコンの盗難が報告された場合にのみ使用されたという主張がありました。ただし、多くの学生が、ウェブカメラのインジケーターライトがちらつき、カメラにテープが貼られているのを簡単に見たと報告しました。

地区は後に学生の56,000枚の画像が撮影されたことを認めました。その後、この機能が削除された新しいバージョンのソフトウェアがリリースされました。

学校や職場のラップトップがあなたをスパイしているのではないかと心配している場合は、カメラにテープを貼ってください。そうすれば、誰かがアクセスしたとしても、何も見えません。

カメラがオンになっているときに通知するライトに完全に依存することはできないことに注意してください。 The Conversationによって報告されているように、それを無効にすることが可能です。

2.Webカメラのインターネット接続を悪用する

インターネットを介して別のデバイスに接続するWebカメラは、外出中に自宅をチェックするのに便利な方法です。多くのスマートホームセキュリティキットには、どこからでもアクセスして泥棒を見つけることができる監視カメラが用意されています。特別なソフトウェアを使用してWebカメラを家庭用監視ツールに変えることもできます。

ただし、インターネットに接続されたデバイスは、ハッカーに自宅へのルートを提供する可能性があるため、両刃の剣です。

安心のために、Wi-Fi経由でリモートアクセスできるWebカメラを購入しないでください。

また、Webカメラをリモートでスパイできるサードパーティソフトウェアをセットアップしようとしないでください。そうしないと、逆効果になる可能性があります。

3.トロイの木馬を介したアクセスの取得

ハッカーがWebカメラへの既存のエントリポイントを使用できない場合は、代わりに作成できます。これは、被害者を探す必要がないため、ハッカーにとって最も簡単な方法です。代わりに、犠牲者が彼らのところにやって来ます。

これを行うために、サイバー犯罪者はあなたをだましてトロイの木馬をインストールさせます。これは有用なソフトウェアであると称しますが、実際には悪意のある活動のバックドアを開きます。これは、電子メールの添付ファイル、不正なWebページ、またはウイルスに感染したWindowsマシン(感染していないが現在は感染している)を修正すると主張する偽のMicrosoft従業員によるものである可能性があります。

攻撃者がトロイの木馬ルートキットをマシンにインストールすると、それを使用してリモートアクセスソフトウェアをコンピューターにインストールできます。これで、Webカメラを介したピアリングなど、知らないうちにデバイスを使用できるようになりました。

ウェブカメラのハッキングから身を守る方法

上記の点は、あなたが疑いを持ってあなたのウェブカメラに目を向けさせるのに十分です。実際、誰もあなたのカメラをスパイしていないことを確認するのは簡単です。

あなたのウェブカメラをできるだけ「ダム」に保つ

あなたはあなたが外出している間あなたの家を監視するウェブカメラまたは家の監視システムを購入することができます。問題は、ハッカーがあなたの家を覗き込むためにあなたができるものなら何でも使うことができるということです。

ハードウェアをハッカーから保護する最善の方法は、ハードウェアを「スマート」にしないことです。つまり、通常のWebカメラを入手することです。世界中のどこからでもログオンして家の中の映像にアクセスできる機能を備えたものを購入しないでください。

コンピュータのセキュリティを最新の状態に保つ

インターネット経由でWebカメラに接続できない場合でも、ハッカーはPCをマルウェアのステージンググラウンドとして使用できます。

そのため、信頼できるアンチウイルスをダウンロードし、最新の状態に保ち、PCを頻繁にスキャンすることが非常に重要です。優れたセキュリティスイートは、侵入を発見し、ハッカーの攻撃からあなたを守ります。

関連: 10の最高の無料アンチウイルスソフトウェア

Webカメラを使用している場合にのみ接続または有効化する

USB Webカメラをお持ちの場合は、使用しないときは必ずプラグを抜いてください。ハッカーがどんなに優れていても、物理的に接続されていないとWebカメラを見ることができません。顔を世界に向けるときは、Webカメラを接続し直してください。完了したら、必ずもう一度プラグを抜いてください。 。

これは、ラップトップを所有している場合よりも簡単に言うことができます。ラップトップには通常、画面のすぐ上にWebカメラがあり、物理的にプラグを抜くことはできません。ただし、プログラムが使用しないように、コンピューターに無効にするように指示することはできます。

Webカメラを無効にするかカバーする必要がある理由を確認してください。このガイドでは、さまざまなオペレーティングシステムでWebカメラを無効にする方法について説明します。

ただし、ハッカーがラップトップを十分に制御できる場合は、ハッカーがコンピューターにWebカメラを再度有効にするように指示する権限を持っている可能性があることに注意してください。

必要になるまでウェブカメラレンズを覆う

ハッカーはあなたの防御を破ってあなたのウェブカメラを有効にするのに十分賢いかもしれません、しかし何かがレンズを覆っているなら、そのすべての努力は無駄です。結局のところ、最高のハッカーでさえ、X線ビジョンなしではテープを通して見ることはできません!

Webカメラをすぐに使用する予定がない場合は、テープまたは粘着性のあるパテをその上に置いて、Webカメラの視界を遮ることができます。後で必要になった場合は、オンラインにする前に障害物を簡単に取り除くことができます。

家族の電話や在宅勤務のためにウェブカメラが必要な場合は、ウェブカメラのスライドカバーを購入できます。これらはラップトップのWebカメラに貼り付けられ、小さなドアとして機能します。顔を見せなければならないときは、ドアを開けてウェブカメラにあなたを見せてください。会議が終わったら、もう一度閉じて、もう一度プライバシーを楽しんでください。

ウェブカメラのハッキングから身を守る

ウェブカメラをハッキングするのは簡単ですか?はい、あなたがハッカーに彼らがそれに入るのに必要なツールを与えるならば。ただし、それを防ぐために実行できる手順はたくさんあります。他のすべてが失敗した場合は、それを隠してください。

あなたはスパイがあなたを見ていることへの恐れを整理しました、しかし今あなたは対処しなければならないもう一つの恐怖を持っています:それらの遠隔会議の間に見栄えがするように見えます。幸いなことに、これらのビデオ通話の前に自分を整えるためにできることはたくさんあります。

画像クレジット:Elena Abrazhevich / Shutterstock