第4次産業革命はあなたの世界をどのように変えますか?

今日のほぼすべての産業(製造からサービスまで)は、その機能を技術システムに依存しています。ほとんどの場合、単一のビジネスまたはサプライチェーンの複数の側面は、さまざまなタイプのデバイスとソフトウェアに依存しています。

このようなシステムが氾濫している通常の産業環境では、複数の技術コンポーネントを追跡することは非常に困難な作業になる可能性があります。

しかし、企業が使用するすべての多様なテクノロジーが集まって、単一の包括的なオペレーションを形成したとしたらどうでしょうか。物事がスムーズに進むだけでなく、これまで以上に効率的になります。そうですね、インダストリー4.0はまさにそれを実現しました。

インダストリー4.0とは何ですか?

インダストリー4.0は、現代産業の4番目の主要なオーバーホールであり、サプライチェーンとビジネスにおけるスマートテクノロジーの統合を特徴としています。今日の産業における画期的な役割から、第4次産業革命とも呼ばれています。

インダストリー4.0ムーブメントの一部として利用される相互リンクされたテクノロジーは、製品、プロセス、および人々にわたるリアルタイムの洞察への接続性とアクセスの必要性を満たします。

20世紀初頭の業界では中央制御システムが使用されていましたが、インダストリー4.0は、意思決定を自律的に分析、評価、実行できる分散型スマートテクノロジーを使用することで、技術統合の需要に応えています。

しかし、なぜそれは第4次産業革命と呼ばれるのですか?最初の3つは何についてでしたか?

産業革命の概要

産業革命は、何世紀にもわたって、現代社会を形作ってきました。すべての反復は、高度なテクノロジーの導入とそれに対応するための業界の再構築によって特徴付けられます。

インダストリー4.0以前の3つの重要な産業革命は次のとおりです。

  • 最初の産業革命:ここでは、肉体労働から計器や蒸気機関への焦点のシフトが現代の産業を生み出しました。 18世紀を通じて、世界中の経済的に生産的な慣行は、製造における機械の役割を認識し、受け入れ始めました。
  • 第二次産業革命:産業2.0の製造業に鉄鋼や電気などの要素が導入されたことで、企業は活動の速度と規模を根本的に改善することができました。
  • 第3次産業革命:自動化が生まれた時期としても知られる1950年代の産業3.0は、サプライチェーン、組立ライン、製造プロセスのコンピューター化の開発の先例となりました。

今日、インダストリー4.0は、その影響に関して、前任者のどれよりも進んでいます。モノのインターネット(IoT)を介した相互接続、リアルタイムデータへのアクセス、スマートコンピューティング、サイバーフィジカルシステムの導入により、ここ数十年からまったく新しいレベルまでデジタルテクノロジーに重点を置いています。

その他の機器技術には、3D印刷、ナノテクノロジー、量子コンピューティング、クラウドコンピューティング、エネルギー最適化などがあります。

インダストリー4.0は、最新のテクノロジーを最大限に活用し、それをビジネスエコシステムに組み込むことで、サプライチェーンと製造において前例のない精度と生産性を実現しました。これにより、さまざまな業界の需要と供給の両方で多くのメリットがもたらされました。

インダストリー4.0の成功は、そのコンポーネントテクノロジーなしでは不可能です。今日、企業が使用しているさまざまなテクノロジーソリューションにより、物理、デジタル、および生物学のドメイン間の境界が曖昧になりました。

インダストリー4.0の手足

この産業革命には前例のない多様な技術があり、各デジタルおよび物理システムが実装される印象的な方法があります。

インダストリー4.0の本質的な側面、つまり手足は次のとおりです。

自律型機器と車両

自動運転クレーンと自律型機械の使用は、大規模な産業プロセスにおける機械的タスクのペースを上げるのに役立ちました。

ロボット工学

かつては大規模な組織でのみ経済的に実行可能でしたが、ロボットテクノロジーはより手頃な価格になり、その後、今日の業界全体に広く普及しています。厳密な製造タスクを正確に実行することから、専門家に労働支援を提供することまで、ロボットは現代の産業のバックボーンであることが証明されています。

人工知能

AI対応のソフトウェアシステムは、リアルタイムのフィードバック収集とデータ分析の助けを借りて、複雑なサイバーフィジカルシステムでの効率的な意思決定を可能にしました。

構造化された「スマート」な工場では、AIは物理システムにプロセスを監視し、分散型の意思決定を行う権限を与えています。 AIは驚くほどユビキタスであり、地域で適用されていることに驚かれることでしょう。

関連:あなたが知らなかった仕事がAIによって実行された

モノのインターネット

インダストリー4.0のおそらく最も重要な部分であるインダストリーでのIoTの使用により、企業やサプライチェーンが使用するさまざまなテクノロジーのシームレスな統合が可能になりました。

小さなセンサーから大きな機械まで、IoTによって提供されるフィードバックと指示の継続的な送信は、ショー全体を実行する業界全体のサイバーフィジカルシステムに燃料を供給します。

インダストリー4.0のメリット

インダストリー4.0は、ワイヤレスサイバーフィジカルシステム上に構築されているため、インダストリアルIoT(またはIIoT )と呼ばれることもあります。自動センサーからロボット機械まで、一見独立しているように見えるすべてのシステムは、分散型情報処理装置に接続されています。

このような巨大な接続性の最も重要な利点は、データの可視性の向上、洞察へのアクセス、およびサプライチェーン全体の制御です。

製造業者は、問題が発生する前にそれを予測し、予防保守を実行することができます。サプライヤーは、需要と供給を分析し、製品の流れを拡大することができます。同時に、小売業者は資産を追跡し、品質や数量などのロジスティクス変数を最適化することができます。

インダストリー4.0の未来

今日のインダストリー4.0の飛躍的進歩のスピードには、歴史的な前例がないことは否定できません。すでに革命的な時期には、コンピューティング能力と処理能力が前年比でほぼ指数関数的に増加するという大きな飛躍が必ずあります。

特に近い将来に大きな期待を抱く1つの技術は、量子コンピューティングです。物理トランジスタを使用する通常のコンピュータとは異なり、量子コンピュータは重ね合わせなどの量子現象を使用して計算を実行します。簡単に言えば、量子コンピューターはもはや従来の電子機器の物理的制限に縛られていません。

これを進めるにつれ、量子コンピューティングや最新の技術システムなどのテクノロジーにおけるブレークスルーの合流点は、インダストリー4.0が比類のない高さへと飛躍するのに役立つはずです。

現代の産業が従来の制限を超えるのを支援することから、ビジネスとサプライチェーンの効率的なスケーリングを可能にすることまで、インダストリー4.0の可能性は本当に計り知れません。どれだけかかるかは、時間だけでわかります。