次世代のOnewheelsがここにあり、そのうちの1つは1回の充電で32マイルを走行できます

Future Motionが新しいOnewheelを私たちにドロップしてから、2年余りが経ちましたが、同社はこの2年間その栄光に甘んじていません。実際、まったく逆です。今日、同社は1つではなく2つの新しいモデルで戻ってきました: OnewheelGTとOnewheelPintX。

どちらのマシンも前任者( Onewheel + XRと元のOnewheelPint)を進化させたものですが、進化する限り、かなり劇的です。 Future Motionは、これらを「パフォーマンスと機能の飛躍的な進歩」と表現しています。まだ乗り込んで自分の目で確かめる機会はありませんが、仕様だけではおそらく誇張ではないことがわかります。

同社の新しいフラッグシップであるOnewheelGTから始めましょう。間違いなくここでの最大の飛躍は、GTの印象的な長距離です。 FutureMotionの以前の主力製品であるOnewheel + XRは、1回の充電で最大約18マイルの航続距離を誇っていましたが、新しいGTモデルはその数をなんと32マイルまで増やします。これは主に、より新しく、より電力密度の高いバッテリー、より効率的なモーターと電子機器、およびバッテリーセルのためのより多くのスペースを提供するわずかに厚いフットボードによるものです。

岩だらけのトレイルにライダーがいるワンホイールGT。

ただし、改善点は極端な範囲だけではありません。GTは、パワーとトルクが50%増加し(明らかに「3馬力の最初のワンホイール」)、快適性とパフォーマンスを向上させるいくつかの新しいデザイン要素も備えています。これには、以前はオフロードライディング用の凹型フットパッドやトレッドタイヤなど、アフターマーケットのアップグレードでしか利用できなかったものや、ノーズとテールの明るいLED、カスタムタイヤプロファイルなど、既存の機能を効果的に改善したものが含まれます。持ち運びに便利な「マグハンドル」を内蔵。

しかし、GTは最高のパフォーマンスを目指していますが、新しいPintXも前屈みではありません。 「パイントXはあなたが街でやりたいものです」と、フューチャーモーションチーフエバンジェリストのジャックマッドは言います。 「これは、以前の主力製品であるOnewheel + XRの速度と範囲をOnewheelPintのコンパクトなサイズと組み合わせて、機能と携帯性のこの完璧なブレンドを作成します。さらに、乗るのはめちゃくちゃ楽しいです。」

緑の背景にワンホイールピントX。

マッドはここで煙を吹いていません—少なくともパイントの紙の仕様が信じられるべきなら。同社のオリジナルのOnewheelPintとほぼ同じサイズであるにもかかわらず、PintXは1回の充電で驚異的な18マイルの航続距離を提供します。また、元のPintよりもわずかに高速で、最高速度は時速18マイルで、前モデルよりも時速2マイル速くなっています。

「私たちのライダーがこの新進のスポーツをどこまで進歩させたかを見るのは驚くべきことです」とマッドは言います。

OnewheelGTとOnewheelPint Xはどちらも、FutureMotionのWebサイトから本日より予約注文可能です。 Onewheel Pint Xの小売価格は1,400ドルですが、OnewheelGTの小売価格は2,200ドルです。 Future Motionによると、「最初の48時間は、無料のフェンダー、最大275ドルのバンドル割引、アプリ内バッジ、Pint X専用のネオンローンチカラーウェイ、無料の優先配送(米国、米国本土48州)などの特別なローンチプロモーションを利用できます。 。」