次のPCディスプレイのリフレッシュレートのマイルストーンは480Hzになる可能性があります

あるディスプレイメーカーは、PCとラップトップのリフレッシュレートの標準を480Hzに上げることを目指しています。

コンポーネントブランドのAUOは、今週カリフォルニア州サンノゼで開催されたSociety for InformationDisplayのDisplayWeek(SID Week)会議でのプレゼンスに合わせて、YouTubeビデオで480Hzゲーミングモニターの2つのプロトタイプを展示しました。

提案されているディスプレイの1つは、リフレッシュレートが480Hzで応答時間が1ms未満の24インチFHDPCモニターです。 2つ目は、リフレッシュレートが480Hzで応答時間が「1msよりわずかに長い」16インチFHDラップトップディスプレイです。

Ars Technicaは、これがTN 1080pパネルであることを正しく認識しています。つまり、提案されたディスプレイは、480Hzのリフレッシュレートを達成できることを証明するために、ある程度の画質と引き換えになっています。ただし、SIDウィークなどの会議での展示には、完璧は必要ありません。

PCやラップトップで今日市場に出回っているリフレッシュレートは、最も一般的には60Hzから240Hzの間です。多くのゲームに焦点を当てたモニターまたはラップトップは、より高い解像度であっても、165Hzから240Hzの間で変化することがよくあります。 Alienware 25 AW2521Hなど、360Hzのディスプレイもいくつか市場に出回っています。したがって、業界がその速度を超えて実験しようとしていることは理にかなっています。

ディスプレイパネルサプライヤーAUO480Hzプロトタイプ。

ただし、このテクノロジーが棚を保管するまでには時間がかかる場合があります。この時点で、それはまだ顧客に販売するための製品を作成しなければならないメーカーに紹介されています。

Ars Technicaは、AUOがAcer、Asus、MSIなどのブランドと連携し、モニターやラップトップ用のパネルを提供していることを指摘しました。これらのブランドは、将来的に480Hzのリフレッシュレートで最初に実験する可能性のあるブランドの1つになる可能性があります。

業界のプレーヤーは、最初に480Hzのリフレッシュレートが実際に役立つかどうかを判断する必要があります。 eスポーツの専門家は実際にこれほど高いリフレッシュレートを利用できると期待するかもしれませんが、平均的なPCゲーマーは、それほど高いフレームレートを生成することはできません。また、違いを区別することもできません。 。

特にゲーミングPCブランドは、基本リフレッシュレートを低く抑えながら、システムプロセスを最大化する方法として、可変リフレッシュレートテクノロジを使用しています。おそらく、ブランドは、標準のリフレッシュレートが非常に高いPCまたはラップトップを導入する前に、最大480Hzの可変リフレッシュレートを実装できます。