最長の直行便になる新しいカンタスサービス

ほんの数時間でも飛行機に座っていると思ったら、上唇が手に負えないほどひきつります。今すぐ目をそらしてください。

オーストラリアの航空会社カンタス航空は、シドニーとロンドンを結ぶ新しいルートを発表しました。このルートでは、お尻がシートに約20時間接着されたままになります。

公平を期すために、新しい19時間のルートを飛行するように設定されたエアバスA350-1000航空機は、2025年に空を飛ぶときに、世界最長の直行便の緊張を和らげるのに役立つように特別に構成されます。

なんて素晴らしい🤩

今朝、特別な@Airbus A350-1000をシドニーに迎えました。この航空機は、2025年末までに、オーストラリアからニューヨークやロンドンなどの他の都市への直行便を運航します。pic.twitter.com/ ldXHEihHtq

—カンタス(@Qantas) 2022年5月2日

デザインには、たとえば、乗客に移動、ストレッチ、水分補給の場所を提供するウェルビーイングゾーンが含まれます。

機内でファーストクラスの座席を購入できる人は、独立したベッド、リクライニングラウンジチェア、個人用ワードローブを備えた豪華なスイートでリラックスできます。

ビジネススイートも同様のメリットを提供しますが、新しいプレミアムエコノミーシートはまともな40インチのシートピッチ(1つのシートバックと次のシートバックの同じ場所の間の距離)を提供します。ただし、エコノミーの33インチの座席ピッチは、背の高い人がシンガポールやドバイなどのどこかで途中降機のあるフライトを予約することを検討するように促す可能性があります。

座席に余裕のあるスペースがあるということは、航空機の乗客数がわずか238人であり、現在使用されている他のA350-1000と比較して最も少ないことを意味します。

カンタス航空の航空機は、最長の直行便を運航するように設定されています。
カンタス

38,000フィートの金属管に長時間詰まって空気の質を心配している旅行者は、航空機のHEPAフィルターが2、3分ごとに空気をリフレッシュし、循環の99.9%を除去することを知って喜ぶでしょう。カンタス航空によると、粒子。

航空会社は、オーストラリアとニューヨーク市を含む他の場所との間の直行便用に12機のエアバスA350-1000を購入したと述べました。シドニーとロンドン間の直行便は通常のサービスより4時間短くなり、給油のために1か所で停車します。

カンタス航空のCEO、アラン・ジョイスは、この新しい航空機は「オーストラリアからわずか1便の距離にある世界のほぼすべての都市を作るだろう」と語った。これは、オーストラリアへの旅行に伝統的に挑戦してきた距離の専制政治の最後のフロンティアであり、最終的な解決策です。」

ジョイス氏は、2017年にオーストラリアと英国間の最初の直行便となるパースとロンドン間の直行便は、「製品とサービスが適切であれば、この種の旅行の利便性と時間の節約に対する強い需要を示した」と付け加えました。 、」シドニールートも人気があることを示唆しています。

移動時間の短縮と利便性の向上は、カンタス航空が1947年に開始した最初のシドニー-ロンドンルートとはかけ離れています。この特定の旅行には、驚くべき58時間7回の停車がありました。