最初の 2 つの水道拳ゲームは、2023 年にサプライズ リマスターを取得します

コナミは、2 つの古典的な PlayStation RPG を現代化するパッケージである 水滸伝 I & II HD リマスター: ゲート ルーンとデュナン統一戦争を発表しました。 PC、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One 向けに 2023 年に発売予定です。

幻想水滸伝I&II HDリマスターゲート ルーン&デュナン統一戦告知トレーラー

最初の 2 つの水滸伝ゲームは、それぞれ 1995 年と 1998 年に、元の PlayStation 用にリリースされました。その後、セガサターンや PC などの他のプラットフォームで利用できるようになりました。両方のゲームは、2006 年に PlayStation Portable 用にバンドルされた幻想水滸伝 I & IIで一度再リリースされました。ただし、このバージョンは日本国外ではリリースされませんでした。

Suidoken のヒーローは峡谷に立っています。

リメイクでは、照明、雲の効果、影のアニメーションが改善され、ビジュアルが強化されています。アート ディレクションが再設計され、オリジナルのスタイルに新しい命が吹き込まれました。キャラクターのポートレートも、1995年に最初にキャラクターをデザインしたアーティスト、川野順子によってHDで再描画および更新されました.

流水、風、昆虫の音、走る足音など、元のバージョンにはなかった環境効果音が追加されました。対話ログ、オートバトル機能、倍速バトル機能など、いくつかの新しい生活の質の機能もあります。

このフランチャイズの最後のメインライン エントリは 2006 年の PlayStation 2 用の水滸伝 Vであり、最後のスピンオフ ゲームは PlayStation Portable 用の幻想水滸伝: The Woven Web of a Centuryで、後者は 2012 年にリリースされ、日本を離れることはありませんでした。それ以来、シリーズは休眠状態にありました。しかし、川野は仲間のシリーズクリエーターである村山吉隆と協力して、2020年にスタジオRabbit&Bearを結成し、英雄伝クロニクルと呼ばれる水滸伝の精神的な後継者を開発しました.