新しいAcerSwift3は、わずか900ドルのOLEDラップトップです。

Acerはほんの一握りの新しいラップトップを発表しましたが、最も注目すべきはSwift 3です。これは、わずか900ドルのデバイスにOLEDディスプレイを搭載しているためです。通常、ラップトップでOLEDディスプレイを入手するには、1,000ドル以上を費やしますが、Acer(およびAsus)などの企業はその傾向を変えています。

Swift 3のディスプレイは、14インチの16:10 WQXGA +(2880×1800) OLEDディスプレイであり、AcerはDCI-P3の色域を100%サポートしていると述べています。

Acer Swift 3 OLEDが開き、白い背景になりました。

AcerのSwift製品ラインは通常、より手頃な価格で堅実なハードウェアを提供します。ただし、その低価格に到達するには、他の特定のものを犠牲にする必要があります。通常、それはディスプレイであり、プレミアムオプションと比較して常にパフォーマンスが低下しています。 OLEDディスプレイの導入は、これらのデバイスを阻む1つのことが完全に刷新されようとしていることを意味するため、エキサイティングな提案です。

ただし、新しいSwift3を魅力的にしているのはOLEDディスプレイだけではありません。 Swift 3は、Intelの第12世代Hシリーズプロセッサーを搭載し、Corei7に搭載されています。アルミニウム製シャーシ、最大1TBのPCIe SSD、最大16GBのLPDDR5メモリ、およびWi-Fi6E接続を備えています。

バッテリーはまた、1回の充電で最大10時間の寿命を提供します。これは、OLEDデバイスとしてはかなり堅実です。 30分の充電で4時間使用できます。

これらすべてを900ドル未満のラップトップで入手することは、新進のクリエイティブ、強力なラップトップを必要とする学生、または広範な写真編集やカラー編集作業を行う人にとって魅力的です。

タブレットおよびラップトップモードで表示されるAcerSpin5。

AcerはSpin5およびSpin3ラップトップも発表しました。 Spin 5は、 DellXPS13などのプレミアムオプションと競合することを目的とした2-in-1ノートブックです。 Swift 3と同様に、最大12世代のIntel Core i7プロセッサ、最大1TBのPCIe NVME SSD、16GBのLPDDR5 RAM、およびWi-Fi6を搭載しています。

Spin 5は、0.67インチのシャーシと14インチのWQXGA(2560 x 1600)IPSディスプレイを備えています。また、Swift 3よりもバッテリー寿命が長く、最大13時間使用できます。

スピン3は非常に似ています。スペックとバッテリー寿命は同じですが、低解像度のIPS FullHD(1920 x 1080)ディスプレイです。また、最大16GBのLPPDR4Xメモリをサポートし、他の2つのオプションのLPDDR5RAMからステップダウンします。

Acerがラップトップをプレミアムオプションと競合させたいと望んでいることは明らかです。レビューのためにそれらを手に入れたら、それらがどのように機能するかをお知らせします。