新しい特許の詳細「手首ID」 AppleWatchの認証

Appleは、米国特許商標庁に新しい特許出願を提出しました。そしてそれは、将来のAppleWatchがWristID認証機能を実装して、パスコードをバイパスして、デバイスを装着するたびにデバイスのロックを自動的に解除する可能性があることを意味します。

時計を装着してロックを解除する

「ライトフィールドカメラを備えた携帯型電子機器」と題された特許出願は、時計のバッククリスタルに組み込まれた新しいライトフィールドカメラセンサーを詳述し、ユーザーの手首に光を当てて高解像度の画像をキャプチャします。領域。

プロセス全体の信頼性を高め、可能な限りなりすましを防止するために、キャプチャされた画像は機械学習に渡され、手首の静脈パターンが詳細に分析されます。

この発明は、アップルのエンジニアであるジョバンニゴッツィーニ、デールセトラック、マノハールB.スリカント、モハマドイェケヤズダンドストの功績によるものです。このテクノロジーがAppleWatchに実装されるという保証はないことに注意してください。 Appleは、防御戦略としてさまざまな発明の特許を定期的に取得しており、それらの多くは実際の製品では使用されていません。

入れ墨は手首IDのためにトリッキーを証明することができます

AppleがUSPTOに提出したことから、このいわゆるWristIDシステムが同社の既存のTouchID指紋スキャナーと同じくらい信頼できるかどうかは明らかではありません。 AppleWatchセンサーのパフォーマンスに影響を与えることが知られている入れ墨の問題もあります。

関連: AppleWatchでMacのロックを解除する方法

Appleによれば、「一部の入れ墨はセンサーからの光を遮り、BloodOxygenアプリが測定値を取得するのを困難にする可能性があります」。そのため、手首IDは入れ墨のある手首ではうまく機能しない可能性があると考えて間違いありません。これは、手首の静脈で満たされた部分を覆うインクの付いた領域が、電気心拍数センサーを簡単に混乱させる可能性があるためです。

1日1回、通常は寝る前に時計を外す傾向がある人は、リストIDが大きくない場合があります。ただし、パスコードを取り除くことは常に良いことです。 Wrist IDには、AppleのContinuity機能を進化させる可能性さえあります(これは、デバイス間をシームレスに移動できるテクノロジーの総称です)。

AppleWatchでiPhoneのロックを解除する

たとえば、Appleのお客様は、Apple Watchを装着しているときに自動的にロックが解除されるように、Macをすでに構成できます。 Wrist IDを使用すると、理論的には、AppleWatchを装着しているときにiPhoneまたはiPadのロックを自動的に解除できる可能性があります。

Wrist IDが実際にデバイスを装着しているユーザーを認識し、それに応じてロックを解除する、watchOSオペレーティングシステムのマルチユーザーシステムを想像することもできます。

これをすべて取り入れると、WristIDは優れた機能のように聞こえます。これは、Apple Watchの生体認証を確実に強化すると同時に、AppleがContinuity機能でさらに創造性を発揮できるようにするものです。そして、それはあなたがちょうど知っているそれらのクレイジーな特許の1つが日の目を見ることは決してないというわけではありません。

クパチーノのハイテク巨人は最近、将来のデバイスのアンダーディスプレイ生体認証の特許を取得し、デジタルクラウンまたはサイドボタンに埋め込まれた将来のAppleWatchのTouchIDボタンの概要を説明する特許を取得しました。