政府関係者の個人アカウントにラベルを付けるTwitter

Twitterはまもなく政府関係者の個人アカウントにラベルを付け始めるでしょう。ラベルは、ユーザーが政府に関係する人を簡単に識別できるようにするためのものです。

より多くの政府関係者がTwitterでラベルを取得します

Twitterブログの投稿によると、プラットフォームは2021年2月17日に「国家元首」の個人アカウントのラベル付けを開始します。また、国営メディアに関連付けられたアカウントにもラベルを貼り付けます。

Twitterはまた、より多くの国の政府関係者をカバーするために、そのラベルの範囲を拡大しています。これらの場所には、カナダ、キューバ、エクアドル、エジプト、ドイツ、ホンジュラス、インドネシア、イラン、イタリア、日本、サウジアラビア、セルビア、スペイン、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦が含まれます。

プラットフォームは、これらのラベルがユーザーが「Twitterでより多くの情報に基づいた体験をする」のに役立つことを望んでおり、「個人と機関を区別する」ことによって「より具体的に」ラベルのテキストを微調整することも計画しています。

Twitterの政府関連アカウントのラベルの最初の波は2020年8月に公開されました。当初、これらのラベルは国連安全保障会議の5か国に関連する職員にのみ適用され、それらの職員の個人アカウントは含まれていませんでした。

とは言うものの、これらのラベルは誤った情報に対する露骨なジャブではありませんが、それでもユーザーが読んでいるものとそれが誰から来ているのかについてより多くのコンテキストを得るのに役立ちます。

Twitterはそのラベルを拡大し続けるだけです

Twitterはブログ投稿の最後に、ラベルを「時間の経過とともに追加の国」に拡大したいと述べています。ラベルは、人のTwitterプロファイルに薄い灰色の旗として表示され、今後数週間でより頻繁に表示される可能性があります。