後でLinuxでStashedを使用してファイルを隠しておく方法

Stashedは、ユーザーがファイルをその中に配置して後でコピーできるようにする、すっきりとした小さなアプリです。これは、特にファイルを定期的にコピーするLinuxのユーザーにとっては優れています。 Stashedを使用して、後でコピーするためにファイルを保存する方法は次のとおりです。

LinuxでElementaryOS AppCenterリポジトリを有効にする

StashedアプリケーションはFlatpakとして利用できます。そうは言っても、ほとんどのFlatpakアプリのようにFlathubアプリストアでは利用できません。代わりに、それはAppCenterアプリです。 AppCenterにはElementaryOSが付属しています。これはElementaryOSの一部ですが、AppCenterはどのLinuxオペレーティングシステムでも誰でも使用できます。これが可能なのは、App CenterがFlatpakを使用しており、ユーザーがこのリポジトリをFlatpakセットアップに簡単に追加できるためです。

そのため、Stashedツールをコンピューターにインストールする前に、AppCenterリポジトリを有効にする必要があります。これを行うには、Linuxデスクトップでターミナルウィンドウを起動することから始めます。

Linuxデスクトップでターミナルウィンドウを開くには、キーボードのCtrl + Alt + Tを押す必要があります。または、アプリメニューで「ターミナル」を検索して起動します。ターミナルウィンドウが開いたら、Flatpakランタイムを設定する必要があります。

LinuxへのFlatpakランタイムのインストールは非常に簡単です。オペレーティングシステムに含まれているパッケージマネージャーを使用して、「flatpak」パッケージをコンピューターにインストールするだけです。

コンピューターでFlatpakランタイムを設定する際に問題が発生した場合でも、心配する必要はありません。お手伝いします! LinuxでFlatpakランタイムを構成する方法に関する詳細なガイドに従ってください。

コンピューターでFlatpakランタイムを設定した後、App CenterFlatpakリポジトリを有効にできます。下のflatpakremote-addコマンドを使用して、リポジトリを設定します。

 flatpak remote-add --user appcenter https://flatpak.elementary.io/repo.flatpakrepo

LinuxへのStashedのインストール

Stashedアプリは、AppCenterリポジトリでFlatpakとして利用できます。したがって、コンピューターにインストールする場合は、以下のflatpakinstallコマンドを使用してインストールする必要があります。

 flatpakインストールappcentercom.github.hezral.stashed

ソースコードを介してビルド

LinuxのAppCenter FlatpakリポジトリからStashedアプリケーションをインストールするのが最も簡単な方法ですが、それが唯一の方法ではありません。 Mesonを使用してソースコードからこのアプリをコンパイルすることも可能です。

システムで機能させるには、次の依存関係がコンピューターにインストールされていることを確認してください。これらの依存関係がないと、Stashedはコンパイルされません。

  • python3
  • python3-gi
  • libgranite-dev
  • python-xlib
  • xclip
  • pynput

コンピューターへの依存関係を設定した後、以下のコマンドを使用してStashedをビルドし、コンピューターにインストールできます。

 git clone https://github.com/hezral/stashed.git CDクリップ meson build --prefix = / usr cdビルド 忍者ビルド sudo ninja install

後で使用するためにファイルを隠しておく方法

Stashを使用して後で使用するためにファイルを保存するには、アプリを開きます。アプリメニューで「隠し」を検索すると、アプリを起動できます。または、以下のコマンドを使用してコマンドラインからプログラムを実行することもできます。

 flatpak run com.github.hezral.stashed

Stashedアプリケーションを起動して実行したら、以下の手順に従ってください。

ステップ1: LinuxデスクトップでStashedアプリケーションを開いた状態で、Linuxファイルマネージャーを起動します。 Linuxファイルマネージャーはアプリメニュー内にあります。アプリを開いた状態で、後で使用できるように隠しておきたいファイルを見つけます。

ステップ2: Stashedアプリ内に隠したいファイルを見つけたら、それをクリックして選択します。次に、それを隠しウィンドウにドラッグします。必要なすべてのファイルを保存するまで、このプロセスを繰り返します。

ステップ3:アプリ内に保存したファイルをコピーするLinuxファイルマネージャーの別の場所に移動します。たとえば、隠しファイルを「ドキュメント」フォルダに配置する場合は、Linuxファイルマネージャで「ドキュメント」をクリックします。

ステップ4: Stashedアプリケーションに戻り、保存されているファイルをマウスでクリックします。マウスボタンを離さないでください。それ以外の場合は、ファイルを再選択する必要があります。

Stashed内のファイルを選択したら、保存先の場所にドラッグします。

ステップ5:ファイルをコピーしたら、アプリ内の[クリア]ボタンを見つけてクリックします。 「クリア」ボタンを選択すると、Stashは保存したファイルを忘れて、空白のウィンドウを残します。

隠しオプション

stashは非常に単純なプログラムですが、構成可能なオプションがあります。オプションにアクセスするには、検索ボタンの横にある歯車のアイコンを見つけて選択します。オプション領域に入ると、テーマ設定とオプションを構成できます。

LinuxでStashedを使用して後でファイルを隠しておく方法の投稿は、 AddictiveTipsに最初に掲載されました。