噂によると、AMDRDNA3は予期しないアップグレードを受ける可能性があります

最近のリークによると、今後のAMDRDNA3グラフィックカードは予想よりも優れていることが判明する可能性があります。

Navi 31 GPUは、以前に推測されていた256ビットではなく、384ビットのメモリバスを備えているようです。

128ビット-256ビット-384ビットに更新する必要があります

—グレイモン55(@ greymon55) 2022年5月18日

今後のAMDグラフィックカードに関する今日のちょっとした興味をそそるニュースは、PCハードウェア分野でよく知られているタレコミであるTwitterのGreymon55から来ています。 3DCenter.orgは、AMDの今後のRDNA 3グラフィックカードの噂されている仕様のリストを作成し、それに応じて、Greymon55はメモリバスについての修正について話しました。

Twitterのタレコミによると、フラッグシップのNavi 31 GPUには384ビットのメモリバスが搭載され、Navi32には256ビットが搭載される可能性があります。以前の噂では、Navi 31の場合は256ビットバス、Navi 32の場合は192ビットバスが指摘されていたため、これは両方のGPUのアップグレードです。

この種のメモリバスの増加は、メモリ帯域幅の大幅な増加につながります。 AMD Navi 31 GPUに24GBのGDDR6メモリが搭載されていると仮定すると、そのモデルでは約846GB / sのメモリ帯域幅が期待できますが、Navi32は576GB/sを提供します。 Navi 33 GPUには変更がないようで、288GB/sの帯域幅に加えて128ビットのメモリバスを備えています。これらの数値は、InfinityCacheを考慮に入れると増加すると予想されます。

VideoCardzが指摘しているように、Navi 31に384ビット構成を採用すると、帯域幅が増えるだけでなく、メモリモジュールの数も減ります。これは、AMDとその顧客ベースの両方にとって良いことを意味する可能性があります。これは、グラフィックカードの製造が安価で、冷却が容易なためです。

最新の噂/リークに基づいたRDNA3デザイン。

– 1 GCD 5nm、2x FP32コア、1xFP16コア、3ghz、40%のダイサイズ縮小。

– TSMCCoWoSIOファブリックを介した386MBL364MBx6 MCD @ 4TB/s。

– 24GB GDDR6 @ 768GB / s

–パフォーマンスvs 6900XT:2.25xコンピューティング、2.7x RT、2.25x4kゲーム。 #AMD #pcgaming pic.twitter.com/cZR2hZP2oU

— AMDGPU(@AMDGPU_) 2022年5月17日

フラッグシップRDNA3GPUのアーキテクチャに関する新しい情報も登場しました。噂によると、GPUには1つのグラフィックスコンピューティングダイ(GCD)と6つのメモリコンピューティングダイ(MCD)が付属します。これは、2つのコンピューティングダイを含む、以前に見たと思っていたアーキテクチャからの変更です。

これが真実であることが証明された場合、AMDがL3キャッシュやInfinityキャッシュを含むメモリサブシステムでのマルチチップ設計のみを使用することを選択したことを意味します。グラフィックダイはモノリシックのままであるように見えます。

AMDの次世代グラフィックスカードのリリースに近づいていますが、発売日や仕様はまだ確認されていません。しかし、私たちが知っていることは、その日が近づいており、GPU市場は年末までに素晴らしい後押しを受けるでしょう。Nvidiaも次世代のGPUをリリースし、 Intelはデスクトップ用のArcAlchemistを発売します。今後数か月は、最高のグラフィックカードのリストへの新しいエントリで刺激的で活気に満ちたものになるはずです。