出版社のTake-Twoファイルの商標はItTakesTwoの開発者に対して主張しています

。出版大手のTake-TwoInteractiveは、協力型アドベンチャーゲームIt TakesTwoの開発者であるHazelightに対して商標権侵害の申し立てを行いました Eurogamerによると、この主張は、今年の3月にゲームがリリースされた後に発生したとのことです。その結果、Hazelightはゲーム名の商標権を放棄しました。

HazelightもパブリッシャーEAも、これがゲームの新しい名前になるのか、ゲームのマーケティング計画の調整になるのかについては述べていません。

Take-Twoがクレームを発行して間もなく、Hazelightは、米国特許商標庁に提出された声明の中で「ItTakesTwo」という名前を正式に放棄しました。開発者には多くの選択肢がなかったようです。Eurogamerによると、「Hazelightは、Take-Twoのためにゲームの商標を放棄せざるを得なかったことに異議を唱えませんでした。」

Take-Twoが商標権の主張を行ったのはこれが初めてではありません。 Rockstarや2Kなどのスタジオを所有する同社は、「rockstar」、「social club」(ロックスターのマルチプレイヤーサービスの名前)、「mafia」、「civilization」など、さまざまなビジネス名や製品名をターゲットにしています。その他。影響を受けた組織には、「Starrocks」というブランドの背後にある北京の会社や「Think LikeARockstar」として知られる音楽本の会社が含まれます。一部の企業は主張と戦おうとしていますが、それらはごくわずかであり、その間にあります。

Take-Twoは、大規模で強力な企業からの商標権主張に異議を唱えないことを期待して、小規模なゲームや企業を追いかけようとしています。ゲームの世界全体で団結を生み出す代わりに、Take-Twoが「ロックスター」という言葉の使用を許可される唯一の人物であることを保証できるように、開発者を不必要な法廷闘争に巻き込みます。