写真の手動モードとは何ですか?なぜそれを使うべきなのか

写真関連のチュートリアルを見たり、トピックに関する記事を読んだりしたことがある場合は、手動モードについて聞いたことがある可能性があります。

クラフトに不慣れな人や最近購入したカメラを試している人にとって、このモードに切り替えることは、カメラの仕組みの詳細を学ぶのに役立ちます。

しかし、手動モードとは正確には何であり、それを使用する必要がありますか?そして、そうすることの利点は何ですか?この記事では、これらの各質問に答えます。

手動モードとは何ですか?それは何をしますか?

手動モードは、カメラの設定を制御するモードです。 ISO、シャッタースピード、絞りを自分で変更したり、その他の機能を変更したりできます。

手動モードの場合、カメラは環境によって必ずしも変更されるとは限りません。これは、ある程度の支援がある自動や絞りの優先順位などとは異なります。

そうは言っても、手動モードを使用してフォーカスを単独で微調整する必要は必ずしもありません。お使いのカメラには、オートフォーカスのオンとオフを切り替えるオプションがあり、自分で微調整する必要があるかどうかを判断できます。

写真撮影で手動モードを使用する利点

写真を始めたばかりでも、熟練したプロでも、手動モードを使用すると多くの利点があります。以下は最大のもののいくつかです。

よりクリエイティブに

定期的に写真を撮ると、何も作りたくない段階を経ることになります。これらのフェーズは数日で経過する可能性がありますが、数週間、数か月、極端な場合は数年続くこともあります。

あなたが創造的な轍にいるとき、物事を少し揺さぶることは素晴らしいルートとして役立つことができます。また、カメラで他のモードをしばらく使用している場合は、手動モードに切り替えると、忘れられていた創造的な筋肉を曲げるのに役立つことがあります。

関連:初心者がスキルを向上させるためのクリエイティブな写真のアイデア

手動モードでよりクリエイティブになるもう1つの利点は、新しいスタイルの写真を楽しんで、さらに探求したいと思うかもしれないということです。

画像をより細かく制御できます

今日のデジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラは、ユーザーが多くの作業をしなくても素晴らしい画像を撮影できます。しかし、多くの場合、これらの写真はレンズの後ろの人が望んでいるものではありません。

以前に高価なカメラを購入して撮影を開始したことがある場合は、最初はどれほど苛立たしいことがあるかがわかります。自動モードでは、写真が明るすぎたり、暗すぎたり、揺れすぎたりする場合があります。

手動モードで写真を撮ると、結果をより迅速に制御できます。写真がぼやけすぎている場合は、シャッター速度を制御できます。また、明るさが足りない場合は、満足するまでISOと絞りを微調整できます。

カメラの使い方を学ぶ

高価なカメラを持っていると、より良い写真を撮るのに便利ですが、それはあなたがそれを使う方法を知っている場合に限ります。シーンを思い通りにスナップする方法がわからない場合(3,000ドルのデバイスを持っているか、スマートフォンを使用しているかは関係ありません)、思い通りの結果が得られることはありません。

新しいカメラを使い始めるときは、デバイスの使い方を学ぶことが不可欠です。そして、それを行う最も簡単な方法の1つは、手動モードに切り替えることです。

関連:写真撮影における露出三角形の完全ガイド

最初は、写真が暗すぎたり、明るすぎたり、ぼやけすぎたりして、イライラする可能性があります。ただし、設定を調整することで、より良い写真をより速く撮る方法を学びます。

一般的な写真の詳細

一般に、写真について学ぶことは、カメラの使い方を知ることと同じくらい重要です。

最も単純な形では、写真は光で絵を描くことです。したがって、使用するデバイスに関係なく、照明に関する原則は同じです。

手動モードで基本を使用する方法を理解したら、それらをほとんどすべてのカメラに転送できます。一部のブランドは仕様が異なり、微調整が必​​要な場合もありますが、通常は、学んだことを全面的に適用できます。

一貫性の向上

最初は、何でもすべての写真を撮ろうとするでしょう。ただし、スタイルが成熟するにつれて、絞り込んですべての写真を互いに類似させたい場合があります。

もちろん、編集して写真の雰囲気を似せることもできます。しかし、これを実現するもう1つの簡単な方法は、カメラで同様の設定で撮影することです。

各画像をより高度に制御できるため、手動モードを使用すると、ショットの一貫性を実現するための優れた方法です。被写界深度とともに、画像の明るさまたは暗さを選択できます。

カメラでより一貫性のある画像を作成するもう1つの利点は、Lightroom、Photoshop、またはCaptureOneで写真を編集するのにそれほど多くの時間を費やす必要がないことです。

関連: Lightroomの編集スキルを向上させる方法

手動モードを使用する必要がありますか?

一部の写真純粋主義者は、手動モードを使用しない限り、あなたは適切な写真家ではないと主張します。しかし、真実は、あなたが望むどんなモードでも使うことができるということです。

カメラの他のモードでも、特に最新のカメラを使用している場合は、多くの場合、すばらしいショットが生成されます。一部のプロの写真家でさえ、特定の結果を探している場合は、手動モード以外で写真を撮ります。

手動モードはカメラを持っている多くの人にとって好みですが、使いたくない場合は手動モードを使用する義務を感じるべきではありません。最適なカメラモードは、最適なカメラモードです。

あなたが試してみたいかもしれない他のカメラモードは次のとおりです。

  • 絞りの優先順位
  • シャッターの優先順位
  • 自動

ユニークな画像結果を得るために手動モードに切り替えます

写真撮影で手動モードを使用することは、決して必須ではありません。ただし、それを使用すると、さまざまな重要な利点があります。写真の仕組みについて詳しく知ることができ、どのデバイスでも簡単に写真を撮ることができます。

ただし、手動モードで写真を撮ると、カメラの知識も向上します。何が機能し、何が機能しないかを発見し、結果として画像の結果をより適切に制御できます。

手動モードは最初は気が遠くなるようなものですが、一貫して使用することは努力する価値があります。