伝えられるところによると、Appleの自動車製造部門は自動運転に焦点を合わせています

Appleの自動車業界への再参入、再参入は、非常に多くの噂の対象となっています。まだ公式なものはありません。クパチーノは秘密主義で有名ですが、最近の報告によると、ハイテク巨人のプロジェクトタイタン部門は自動運転をマスターすることを望んでいます。

ブルームバーグは匿名の内部関係者を引用して、アップルが自動車製造プロジェクトをハイギアにシフトしたと報告した。つまり、比喩的に言えば、車両は完全に電気であると言われています。つまり、シフトするギアがない可能性が高く、開発チームは高度な自動化テクノロジーをプラットフォームに統合することを望んでいます。自動車業界やテクノロジー業界の多くの企業が自動運転の実現を急いでいますが、ほとんどすべての企業が、法律上および技術上のハードルの長いリストが広範なリリースの妨げになっていることに同意しています。

レポートは、AppleWatchの責任者である開発者のKevinLynchがProjectTitanを担当していると付け加えています。彼の目標は、2025年までに完全自動運転車をリリースすることです。それはたった4年で埋めるのは大変な注文です。ブルームバーグは、2020年代半ばまでにテクノロジーの準備が整っていない場合、Appleは発売を遅らせるか、長い間噂されていた車を市場に投入する可能性があると語った。

自動運転をマスターすることはAppleに自慢する権利を与えるだろうが、それはチームの唯一の動機ではない。これは、世界中の主要な自動車ショーでハイライトされたラウンジのようなインテリアをデザイナーに自由に提供できる偉業です。理論的には、自律型iCarには、ステアリングホイール、ペダル、ダッシュボード、および完全に再調整された内部がありません。運転手がコンピューターの場合、運転席の概念は窓から飛び出します。次に、Appleはユーザーにユニークな旅行体験を提供することができます。

興味深いことに、レポートは、AppleがWaymoが行っているような主要な都市中心部に配備できるシャトルの艦隊を集めることよりも、自家用車を民間の運転手に販売することに関心があり、ArgoAIがフォルクスワーゲンの助けを借りて行うことを計画していることを示唆しています。これは、許容誤差がはるかに薄いため、車両を開発するチームにさらに大きなプレッシャーをかけるビジネスモデルです。そのために、Appleは、ボルボ、ゼネラルモーターズが所有するクルーズ、テスラの専門家を含む、業界の自動車側から数人の経験豊富なエンジニアを採用しました。

Appleはこの報告についてコメントしていない。正確であれば、Project Titanが今後数か月で何をしているのかについてもっと耳にするでしょう。そして、遅かれ早かれ、カモフラージュされたプロトタイプが公道で彼らのペースを通り抜けるのを見始めるでしょう。その間、ライバルのソニーは、 Vision Sと呼ばれる電気(自律型ではない)セダンを静かに構築し、CES 2020で発表し、ヨーロッパロードテストを行い、見た目を簡単にしました。