今月は、70 年ぶりに大接近する木星の素晴らしい景色をご覧ください

私たちの太陽系で最も美しい惑星であると広く考えられている木星は、今月衝突します。これは、木星が地球に最も接近し、この自然の驚異の素晴らしい景色を提供することを意味します。木星のオポジションは 13 か月ごとに発生しますが、木星が 70 年以内に地球に最接近するため、このオポジションは特別なものです。

木星のような惑星を地球から見たとき、2 つの惑星が反対の位置にあるとき、2 つの惑星間の距離は最短になります。これは、地球が太陽と木星の間にあることを意味し、太陽が西に沈むと、木星は東から昇ります。これは典型的な反対の 13 か月サイクルですが、この反対は異常です。

2019 年 6 月 27 日にハッブル宇宙望遠鏡から撮影されたこの木星の写真は、何百年もの間猛威を振るってきた地球サイズの嵐である巨大赤斑を特徴としています。
2019 年 6 月 27 日にハッブル宇宙望遠鏡から撮影されたこの木星の写真は、何百年もの間猛威を振るってきた地球サイズの嵐である巨大赤斑を特徴としています。 NASA、ESA、A. Simon (ゴダード宇宙飛行センター)、および MH Wong (カリフォルニア大学バークレー校)

これは、太陽系のすべての惑星が太陽の周りを公転しているためですが、これらの軌道はほぼ円形ですが、完全に円形というわけではありません。つまり、太陽に近いとき (最も近い点を近日点と呼びます) と、遠く離れているとき (遠い点を遠日点と呼びます) があることを意味します。私たちから見ると、木星の軌道は地球に近づく時と遠ざかる時があります。

今月は、最遠点で 6 億マイルの距離にある木星とは対照的に、木星が地球から 3 億 6,500 万マイル以内に接近する木星の最接近と同時にオポジション イベントが発生します。そのため、今後数週間は、スターゲイザーが木星に目を向けるのに最適な時期になります。

最も接近するのは 9 月 26 日月曜日の夜中ですが、NASA の天体物理学者アダム コベルスキーによると、この日の前後に素晴らしい景色が見られるでしょう。 「9 月 26 日の前後の数日間は素晴らしい景色が見られるはずです」とコベルスキー氏は述べています。 「だから、この日のどちらの側でも天気の良い日を利用して、景色を楽しみましょう。月以外では、夜空で最も明るい天体の 1 つになるはずです。」

天文学サイトEarthSkyによると、望遠鏡や双眼鏡を利用できる人は、木星だけでなくその衛星の素晴らしい眺めを得ることができるはずです。

「優れた双眼鏡があれば、バンディング (少なくとも中央のバンド) と 3 つまたは 4 つのガリレオ衛星 (衛星) が見えるはずです」とコベルスキーはアドバイスしました。 「ガリレオがこれらの衛星を 17 世紀の光学系で観測したことを覚えておくことは重要です。主要なニーズの 1 つは、使用するシステムに安定したマウントが必要になるでしょう。」