人工知能がサイバーセキュリティをどのように変えているか

テクノロジーに関しては、人工知能(AI)がホットな話題です。より多くのデザイナーやプログラマーがAIをオンラインプラットフォームに統合するにつれて、AIが単なる空想科学小説以上のものであることは明らかです。実際、人工知能の使用は、標準的な手法になりつつあります。

AIを進歩させて技術を強化することに関心のある多くの業界の1つは、サイバーセキュリティです。一部の人にとって、AIプログラムは、ユーザーがセキュリティサービスに期待するものを再発明する刺激的な機能を提供します。

AIとは何ですか?

コミックや映画の人工知能については誰もが知っていますが、現実はサイエンスフィクションと比べてどうですか?人間の相互作用をシームレスに再現できるAIandroidはそれほど多くありませんが、それほど遠くないかもしれません。

名前が示すように、人工知能は人間の知能をシミュレートすることを目的とした一連のプログラムです。これらのプログラムは、複雑なアルゴリズムと強力なマシンを使用して、人間の心の批判的思考の部分を模倣します。

問題解決や意思決定などのスキルは、AIプログラムがエミュレートしようとする特定のタスクです。もちろん、AIは必ずしもメディアがそれを描写しているように見えるとは限りません。あなたを驚かせるかもしれないAIによって実行される仕事はすでにたくさんあります。

さらに、一部のプログラマーは、絵画や執筆などの芸術活動を実行するために特別に設計されたAIを作成します。

AIはサイバーセキュリティでどのように使用されていますか?

プログラマーとそのアプローチに応じて、人工知能を使用する方法はたくさんあります。最も人気のあるものは次のとおりです。

奇妙な行動の報告

最近では、不正検出はほとんどのオンラインアカウントに含まれているものです。これは、従来のプログラムでは、特定のアクティビティが通常のアカウントの使用から逸脱したことを認識するのが難しくないためです。

たとえば、海外からアカウントにログインしたり、大量の購入を試みたりすると、本人確認が必要になる場合があります。そうしないと、アカウントがロックアウトする可能性があります。

ただし、AIは独自の学習アルゴリズムを使用して、人間よりも高い信頼性でこれらの異常を識別します。さらに、データセットを使用して、目立った疑わしい変更(大量購入やIPアドレスの変更など)を必要としない、より正確な予測を行うことができます。

人工知能は、誰かがアカウントをハッキングして悪意のある活動を行ったときにも認識する可能性があります。たとえば、ソーシャルメディアアカウントが乗っ取られた人は誰でも知っています。これらの攻撃は、ウイルスに感染したリンクやフィッシングメールを頻繁にスパムして、連絡先の情報を奪います。

AIプログラムは、これらの攻撃が友人にリンクを送信するのをブロックし、修正されるまでユーザーアカウントを自動的に一時停止するのに役立ちます。

また、特定のメッセージングプラットフォームでは、違法なストリーミングサイトへのリンクの送信が難しいことに気付くかもしれません。 Facebook Messengerのような人気のあるサービスは、受信者に大ざっぱなリンクを配信することを拒否します。 AIはこれらのリンクを検出するのに役立ちます。

ボットにフラグを立てる

ただし、サイバーセキュリティは人間のアカウントを扱うだけではありません。ボットは、多くのオンラインプラットフォームを悩ませている深刻なセキュリティ問題です。

ボットに慣れていない場合、ボットは詐欺師がよく使用するソフトウェアツールです。ボットは、ユーザーをだまして疑わしいリンクをクリックしたり、情報を渡したりします。 FacebookやTinderのような場所では、ボットアカウントがポップアップすることは珍しくありません。次に、志を同じくする他の人とつながることを目指している人々を利用します。

さらに、ボットアカウントは、誤った情報を広めたり、フォロワー数を誤って増やしたりするために存在することがよくあります。

ただし、一部のボットは、同様の導入フレーズを使用したり、反復的なアクティビティを実行したりするため、完全に予測可能です。 AI対策は、これらのボットを見つけてシャットダウンするのに役立ちます。

露骨な画像の特定

AIは、ディープラーニングデータセットと巧妙なコーディングを使用して画像にラベルを付けることも学習できます。これらの画像認識プログラムは、さまざまな画像を正確に識別できます。画像認識は、人々が植物を識別したり、その症状が気になるかどうかを判断したりするのに役立つ気の利いた機能です、このテクノロジーには別の重要な目的があります。

AI画像認識は、ソーシャルネットワークが、安全なプラットフォームを介して送信される前に、露骨な画像や性的な画像を認識するのに役立ちます。それは人々に不適切なメッセージを送ることについて二度考えさせるかもしれません。また、嫌がらせから不要な受信者を救うこともできます。

さらに、ユーザーが嫌がらせのメッセージを定期的に送信する場合、AIは法執行機関の調査を支援するための貴重なツールとなる可能性があります。

バイオメトリクス

人工知能は、詐欺や人身売買を防ぐために使用されるものだけではありません。 AIテクノロジーは、現代の生体認証システムの大部分を占めています。生体認証のセキュリティ対策には、指紋や音声アクティベーションなどの「有機的な」要素を使用して、従来のパスワードやPINの代わりにデバイスのロックを解除することが含まれます。

生体認証セキュリティ対策の最も一般的な形式の1つであるAppleのFaceIDは、AIテクノロジーを使用しています。専門家は、これらの有機キーを再作成するのが難しいため、このようなセキュリティ対策は従来のソフトウェアロックシステムよりも安全であると考えています。

AIプログラムは従来の対策よりも優れていますか?

一般的に言って、AIプログラムは従来の手段よりも優れたパフォーマンスを発揮します。これは、AIの性質上、新しい経験に適応して学習できるためです。対照的に、従来のコンピュータプログラムはより厳格です。

一部の専門家は、AIプログラムによって、従来のウイルス対策ソフトウェアなどの古いソリューションが廃止されると主張しています。彼らは、新しくて簡単に柔軟なアプローチを組み込むことは、継続的な更新を実装するよりもはるかに実用的であると主張しています。

AIの問題解決と意思決定のスキルにより、他のプログラムでは不可能な「人間的なプレイ」も可能になります。また、アカウントアクティビティを人間が監視したり、疑わしい慣行を検出したり、不正の可能性を特定したりすることが効果的であると考える人もいます。

しかし、実際的な観点から、多くの人々はアカウントを継続的に監督するためのリソースを持っていません。 AIは、人間のようなスキルの優れた代役として機能します。また、コストとリソースの効率も向上します。

もちろん、AIは完璧ではないことを強調することが不可欠です。彼らは間違いを犯す可能性があります。場合によっては、誤って何かを詐欺として報告したり、疑わしい活動を見落としたりする可能性があります。しかし、技術が発展するにつれて、AIの有効性は高まります。

AIサイバーセキュリティを信頼する必要がありますか?

AIは、オンラインでのやり取りのセキュリティを変える素晴らしいツールです。ただし、これはAIが絶対確実であることを意味するものではありません。デバイスまたはアカウントに不審なアクティビティを監視する人工知能があるからといって、それを盲目的に信頼する必要があるとは限りません。代わりに、基本的なオンラインセキュリティ対策を確実に実践することで、オンラインで安全を維持できる可能性が高まります。