二酸化炭素排出量の削減に役立つ6つのスマートホームデバイス

従来の電気システムやデバイスは、あまり環境に優しいものではありません。これにより、炭素排出量を制限する必要性を理解している開発者によって構築された、より優れた設計のデバイスが必要になります。スマートデバイスがその価値を証明する場所です。

スマートテクノロジーとスマートシステムの出現により、私たちの家のエネルギー消費を削減し、これまで以上に環境に優しく、より持続可能なものにすることができるいくつかの革新的なデバイスの開発につながりました。

二酸化炭素排出量を大幅に削減するのに役立つスマートデバイスをいくつか紹介します。

1.スマートサーモスタット

スマートサーモスタットは、私たちの家をよりスマートでエネルギー効率の高いものにする実用的なイノベーションです。スマートサーモスタットは、ユーザーのスケジュールとエネルギー消費パターンを記憶し、それらを家の冷暖房システムと統合します。

部屋の中の動きを検出するモーションセンサーを備えており、部屋が空いているときにヒーターを自動的にオフにすることができます。スマートサーモスタットは、存在する人数に応じて部屋の冷暖房も最適化します。

スマートサーモスタットは、行動パターンとユーザースケジュールを記憶することにより、プログラムを実行してユーザーに最適な周囲雰囲気を作り出し、最大限の快適さを保証します。

スマートサーモスタットはまた、データを外の気象条件と統合し、家の湿度やその他の温度要件を制御します。

スマートサーモスタットはまた、家庭のエネルギー消費パターンに関する毎月の通知を共有し、エネルギーの節約と電気代の削減に関するヒントを提示します

2.スマート電源タップ

一部のスマート電源タップには、家の中で停電が発生したときに電力を最適化して節約する回路があります。これらは、デバイスを充電できる回路間で電荷を分配し、ラップトップ、PC、電話などの電子デバイス用の複数回路のパワーバンクのように機能します。

そうは言っても、スマート電源タップは単に電子機器を充電するだけではありません。デバイスが充電された後もエネルギーを消費し続ける従来の電源タップとは異なり、スマート電源タップは、デバイスが接続されていても自動的に充電を停止します。使用しないときは、電源タップは自動的にシャットダウンすることもあります。

さらに、短絡を防ぐために、高電圧デバイスが接続されている場合は、接続されているモバイルアプリに充電ステータス通知を送信します。

3.スマートスプリンクラーシステム

気候変動と地球温暖化により、水資源は不足しつつあります。特に芝生に水をやると、大量の水が無駄になり、家全体のエネルギーが無駄になります。

米国環境保護庁によると、自動景観灌漑システムを備えた世帯は、毎年25,000ガロン近くの水を浪費しています。スマートスプリンクラーシステムは、ここで答えを提供し、家の水の消費量を減らし、その結果、二酸化炭素排出量を減らすことができます。

スマートホーム灌漑システムは、水の使用量を最適化し、その無駄を減らします。家にスマートスプリンクラーを設置することで、水の浪費を大幅に減らすことができます。これにより、世帯は節水だけでなく、年間の水道料金も節約できます。

スマートスプリンクラーの最大の利点は、取り付けが簡単なことです。ホースパイプや地下灌漑システムに接続し、スマートフォンから制御できます。

スマートスプリンクラーには、その地域の天気と土壌の状態を分析して水の使用量を最適化するセンサーがあります。芝生の土壌が湿っている場合、スプリンクラーはより少ない水を放出します。

彼らはまた、芝生に水をまくためのタイマーと期間を設定するためのスマートなスケジューリングが付属しています。高度なスプリンクラーシステムは、音声制御デバイスとも統合されており、ユーザーが水しぶきの方向を制御できるため、芝生の特定の部分が水没したり、水やりによって損なわれたりすることはありません。

スマートスプリンクラーの追加の利点は、芝生のサイズやその他の園芸要件に応じて、水の効率的な使用を保証するためのさまざまなスプリンクラーヘッドの可用性です。

住宅所有者は、近隣や干ばつの間に水不足の通知を受け取り、それに応じてスプリンクラーの設定を変更して水の使用量を減らすことで、水を節約することもできます。

4.スマートコンポスター

有機物を環境に廃棄することは、天然資源の浪費であるだけでなく、間接的にも地球温暖化の増加の原因となる可能性があります。嫌気的に分解する有機性廃棄物は、有害なメタンガスを大気中に放出し、温室効果ガスの全体的な増加につながります。

ルビコンによれば、毎年推定13億トンの食品が無駄になっていることを考えると、世界の二酸化炭素排出量への影響を想像することができます。それは賢い作曲家が助けることができるところです。

スマートコンポスターは、有機性廃棄物の効率的な処理に使用できます。堆肥箱には、廃棄物のレベルと水分含有量の存在を検出するセンサーがあります。これらの測定値からのデータは、ウォーターポンプとコンポストビンに必要な水の量を制御する水位フロートセンサーを調整するために使用されます。有機堆肥化には適切な水分含有量が必須であるため、このプロセスにより水位が一定に保たれます。

スマートコンポストビンの設定は簡単です。生ごみを乾燥、粉砕、冷却の3サイクルで分解します。これらは最大48〜72時間かかり、通気と熱を利用します。

スマートコンポストシステムは、ビンで生成されたコンポストの重量に関する情報をユーザーに提供するデジタル通知も送信します。多くのスマートコンポスターは、キッチンスペースで臭いを発生させることなく、有機生ごみを堆肥化するという特定の機能を備えています。

さらに、多くの賢い作曲家は太陽光発電に取り組み、完全に持続可能です。

5.スマート電球

屋内照明は、平均的なアメリカの家庭のエネルギー消費の最大の要因の1つです。これは、リモートで構成および制御できるインターネット対応のLED電球であるスマート電球の助けを借りて効果的に減らすことができます。

スマート電球には、部屋が空いているときに自動的にシャットダウンするモーションセンサーがあります。音声制御技術と統合することで、明るさや薄暗さをカスタマイズすることもできます。

さらに、スマート電球には、白熱電球や蛍光灯よりも耐久性のある機能が組み込まれています。それらはまた充電することができ、停電の間5から6時間持続します。

統計によると、エネルギー効率の高い電球に切り替えることで、家をよりスマートで環境に優しいものにすることができます。また、スマート電球に切り替えることで、家庭は年間の電気代を数千ドル節約できます。

6.スマートメーター

多くの場合、私たちはエネルギーを節約していると感じますが、私たちのエネルギー消費量を知るための測定可能な方法がない限り、私たちは確信が持てません。それがエネルギーメーター、ひいてはスマートメーターです。

ただし、ユーティリティデバイスのエネルギー消費量を記録するだけの一般的な電気メーターとは異なり、スマートメーターは短い間隔でリアルタイムの電力消費量に関するデータを提供します。スマートメーターは、メーターと家の中央電子システムを双方向で接続します。

スマートメーターからの読み取りは、プロセス全体が自動化されており、人の干渉が最小限で済むため、従来のメーターよりも正確です。

また、電力需要の最適化に役立ち、住宅所有者に消費パターンと電力の浪費を削減するためのヒントに関する通知を送信します。これは、個々の家庭の二酸化炭素排出量を削減するのに役立ちます。

エネルギー効率の高いライフスタイルをリードすることで支援

これらのデバイスを使用すると、スマートホームオートメーションはライフスタイルを変えるだけでなく、エネルギーの浪費を減らすことができます。スマートモニタリングシステムと定期的な通知により、スマートデバイスはユーザーの行動パターンを調査および改善して、毎日無駄になるエネルギーを最小限に抑えることができます。

調査によると、米国のごく一部の世帯がスマートデバイスを自宅に設置していても、近い将来、電気代を大幅に削減できると推定されています。これは、私たちの持続可能性の目標を達成し、次世代のために明るく、より環境に優しい未来を創造するための大きな一歩となるでしょう。