中国のローバーは月の裏側に奇妙な立方体の形の特徴を見つけます

現在月の裏側を探査している中国の玉兔2探査車は、月の表面に奇妙な立方体の形をした物体を発見しました。

space.comによって報告されたように、画像は、中国国家航天局(CNSA)に関連する宇宙ニュースチャンネルであるOurSpaceによって投稿されたYutu-2日記で共有されました。これは、2021年10月29日に運用を再開して以来、玉兔2ローバーが何をしてきたかを説明する「玉兔2運転日記」の一部でした。

中国の玉兔2探査車が月に発見した、奇妙な立方体の形をした特徴。
中国の玉兔2探査車が月に発見した、奇妙な立方体の形をした特徴。 CNSA /私たちのスペース

立方体の形は面白いですが、最初に写真に注目したジャーナリストのアンドリュー・ジョーンズは、それが地球外生命の兆候であるとは考えていません。 「それはオベリスクやエイリアンではありませんが、確かにチェックするものであり、画像から多くを識別するのは難しいです」と彼はツイートし、衝撃によって投げ出された大きな岩である可能性があることを示唆しました。

非公式に「神秘的な小屋」と呼ばれるこの物体は、ローバーの現在の場所から約80メートルのところにあり、大きくても若い衝突クレーターの隣にあります。研究者たちはもっと知りたいと思っているので、ローバーはオブジェクトを訪問しますが、それはしばらくかかります—著者よると、約2〜3か月かかります。

月を横切るのに非常に長い時間がかかる理由の1つは、月の昼と夜のサイクルによるものです。月の回転の仕方により、月は27日ごとに自転を完了します。これは、私たちの惑星を周回するのにかかる時間とほぼ同じです。そのため、月の片側が私たちに面しており、玉兔2号が位置する反対側は、地球から直接見ることができません。このローテーションのもう1つの効果は、月の1日が29地球日続くことです。つまり、月が日光に当たるときは2週間強、夜になると2週間強の期間があります。

玉兔2号のようなローバーは太陽光発電に依存しているため、これらの夜間は冬眠する必要があり、日中のみ探索できます。そのため、月の探検家は月の表面を横切るのに非常に長い時間がかかります。大きな岩や部品が鋭い月の塵によってすり減るのを避けるためにゆっくりと進む必要があることは言うまでもありません。