中国のロケットブースターが制御不能に太平洋に落下

中国のロケット ブースターが制御不能な状態で大気圏に再突入したのは、今年で 2 回目です。長征 5B ロケットのブースターの破片が、11 月 4 日金曜日に米国宇宙軍によって再突入し、太平洋に落下したことが確認されました。北中米からアフリカ、オーストラリアまで、広範囲に飛来したのではないかと観測者が懸念していたため、ブースターが海に落ちて被害がなかったのは幸運だった。

以前の長征 5B ロケットの破片が今年 7 月に制御されずに降下し、一部の破片がマレーシアとインドネシアの村の近くに着陸したと報告されていますが、負傷者の報告はありませんでした。今回のブースターは、10 月 31 日に中国の新しい宇宙ステーションの3 番目のモジュールを打ち上げるために使用されたロケットからのものでした。

ロケットの部品が制御されずに大気中を落下する危険性は、NASA の関係者によって不必要なリスクとして非難されています。 「すべての宇宙活動国が、宇宙活動において責任を負い、透明性を確保し、確立されたベスト プラクティスに従うことが重要です。特に、大きなロケット本体の破片が制御されずに再突入する場合には、大きな損害や人命の損失につながる可能性が非常に高い破片です。 」とNASA長官のビル・ネルソン氏はニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

長征 5B ロケットは、その第 1 段ブースターが制御されずに再突入できるように設計されていますが、中国の当局者は、ほとんどのコンポーネントが大気中で燃え尽きるので安全だと主張しています。しかし、専門家は、これらの制御されていない降下を許可することは無責任で危険であると述べています.

「今日の制御されていない #LongMarch5B 再突入は、持続不可能な宇宙飛行の慣行によってもたらされる、宇宙と地上の両方の重要なインフラストラクチャに対するリスクの高まりを強調しています」と、欧州宇宙機関のヨゼフ・アッシュバッハー事務局長はツイッターに書いています。 「過去 10 年間で、毎年約 100 個の大きな破片が大気圏に再突入しており、年間総質量は約 150 トンです。私たちは、制御されていない再突入に向かっている人工衛星やロケット本体をより適切に追跡し、予測し、軽減するための技術に取り組まなければなりません。」

破片が落下した結果、破片が通過したため、スペインは空域の一部を一時的に閉鎖しなければならなかった、とロイターは報じている