一部の青いチェック Twitter ユーザーが自分の名前を編集できませんでした

Twitter の最近のブルー チェック検証ドラマは、昨日さらにばかげた展開を見せました。 Twitter のブルー サブスクリプション、ブルー チェックの支払い、なりすましとパロディに関する最近の騒ぎの中で、一部の Twitter ユーザーはスクリーン ネームを一時的に編集できなくなりました。

月曜日の夜、認証済みの Twitter ユーザーの一部が、スクリーン ネームを変更できないと報告し始めました。これらのユーザーが経験していた問題がバグなのか、それともテスラ CEO のイーロン マスクが最近購入したプラットフォームの新機能なのかは、現時点では不明です。

プロフィールの他の情報は編集できるのに、突然プロフィール名から (パロディ) を削除できなくなりました

—ローレン・グッド(パロディ)(@LaurenGoode) 2022年11月8日

いずれにせよ、それが何であれ、問題は解決したようです。これらの検証済みのユーザーの一部は、後でスクリーンネームをもう一度編集できると報告しました. (検証済みの Twitter アカウントを持っている編集者の 1 人にも確認したところ、この記事の執筆時点では問題なく機能しているとのことでした。念のために言っておきますが、私は検証済みの Twitter アカウントを持っていませんが、機能は引き続き機能します。 ) したがって、昨日 Twitter のスクリーン ネームを編集するのに問題があった場合は、今日は機能しているかどうかをもう一度確認する価値があるかもしれません。

それが単なるバグだったとしたら、マスクが計画しているプラ​​ットフォームへの変更に関して、すでにユーザーからのかなりの反発を経験している、新しくマスクが主導した Twitter にとっては最悪のタイミングです。 Twitter の青いチェック バッジをまったく持っていません。一部のユーザー (著名人を含む) は当初、状況をからかうために自分の Twitter スクリーン ネームを「Elon Musk」に変更することで、Musk の計画された変更のニュースに対応しました。

これにより、マスクは「なりすまし」の新しい結果を発表することで対応したようです。

今後、「パロディ」を明示せずになりすましを扱う Twitter は永久に停止されます

—イーロン・マスク (@elonmusk) 2022年11月6日

この記事の執筆時点で、Twitter の公式 Twitter アカウント (@Twitter、@TwitterComms、@TwitterSupport、および @verified) は、Twitter がスクリーン ネームの編集の問題を認識していたことを示すツイートを投稿していません。 Digital Trends は、この状況についてコメントを求めて Twitter に連絡を取りました。返信があり次第、この記事を更新します。