レポート:AppleのM2チップが大量生産に入った

伝えられるところによると、エントリーレベルのMacコンピュータ用のAppleの現在のM1ラップトップチップの後継であるM2チップは、今年後半に新しいMacモデルに先駆けて量産に入ったという。

AppleM2は明らかに大量生産に入る

この問題に精通している情報源に基づく日経アジアからの新しいサプライチェーンレポートによると、Appleが設計したチップは現在大量生産に入っています。出荷は早ければ7月に開始する予定です。

Appleの生産パートナーであるTSMCは、M1チップの解約にも使用されている5ナノメートルプラス(N5P)テクノロジーに基づいてM2を構築しているようです。

関連: AppleM1チップについて知っておくべきことすべて

Appleは、Intelテクノロジーから独自のシリコンへの2年間の移行の真っ只中にあります。このプロセスは、2020年の夏に始まりました。これまでのところ、最初のM1搭載システムには、13インチMacBook Pro、MacBook Air、Macが含まれます。ミニ、および24インチiMac。

AppleM2のパフォーマンスを推測する

前任者と同様に、M2チップは、複数の目立たないコンポーネントを1つのチップに統合します。この設計は、半導体の話では「システムオンチップ」または「SoC」と呼ばれます。この記事では、M1がCPU、GPU、ニューラルエンジン(Appleの人工知能と機械学習アクセラレータ)をすべて1つのシリコンダイに組み合わせていると述べています。

この記事では、予想されるM2の速度向上については何も明らかにされていませんが、現在のM1プロセッサよりも確実に高速で低温で動作するはずです。これは、日経アジアがM2を今年下半期に発売されるMacノートブックで使用すると主張しており、Appleが最終的にMacBook以外の他のMacモデルでチップを使用すると主張しているためです。

Appleの16インチMacBookProと30インチiMacはどちらも、それぞれ独自の高速メモリプールを備えたディスクリートAMD RadeonGPUを備えたこのチップの最有力候補です。

Bloombergは、2021年の初めに、Appleが16インチMacBook Proをアップデートすると、合計20個のCPUコアが搭載されると報告しました。 M1には、4つの低電力コアと4つの高性能コアを備えた8コアCPUが搭載されています。 16インチMacBookProに12個または20個のCPUコアを搭載するには、M2のCPUコア数を大幅に増やす必要があります。

関連: M1 iPadProが信じられないほどのアップグレードである理由

16インチMacBookProには、4GB / 8GBの専用メモリを搭載したRadeonPro 5500M / 5600M GPUを搭載でき、約5テラフロップスのグラフィックス処理能力を発揮します。 27インチiMacには、ローエンドに4GBのRadeon Pro 5300、ハイエンドに16GBのRadeon Pro 5700XTが付属しており、約8〜12テラフロップスの処理能力を発揮します。

比較すると、M1は約2.6テラフロップスのGPUパワーを提供します。 16インチMacBookProまたは27インチiMacに電力を供給するために、M2はGPUコアの数を8から16に2倍にする必要があります。さらに、128ビットメモリバスから256に移行する必要があります。 -ビット1。