レノボは2021年に新しい範囲のThinkBookラップトップを発売

LenovoはCESの代名詞です。毎年、人気のあるラップトップメーカーは、毎年恒例のラスベガスのショーでいくつかの新しいモデルのラップを外します。

先週、同社が新しいIdeaPad 5Gを発表するのを見たことがありますが、そこでは行われていませんでした。

昨日、LenovoはIdeaPadの発表に続き、ThinkBookラップトップの新シリーズを発表しました。

ThinkBook Plus Gen 2の蓋には12インチの電子インクパネルがあります。つまり、ビジネスユーザーは、ラップトップを回転させたり、見苦しい視野角に対処したりすることなく、グループの人々に簡単にプレゼンテーションを行うことができます。新しいディスプレイには、リフレッシュレートが速く、解像度が高く、ソフトウェアが改善されているため、ラップトップ自体を開かなくてもアプリを起動できます。

内部IPSディスプレイと外部e-inkディスプレイの両方の解像度は2560×1600です。内側の画面は400ニットの明るさです。

内部では、第11世代Intelプロセッサ、16 GBのRAM、および1TBのストレージを利用できます。

もちろん、すべての追加機能には代償が伴います。新しいThinkPadが2021年第1四半期に1,550ドルで発売されるのを期待できます。

この範囲の他の新しいモデルには、ThinkBook 13x(Plus Gen 2と同じですが、e-inkはありません)、および2つのAMD搭載オプション(ThinkBook 14p Gen 2が850ドル、ThinkBook 16pが$から)が含まれます。 1300)。