マタースマートホームの基準は2022年秋まで延期

繰り返しになりますが、新しいスマートホームの相互運用性標準であるMatterの遅延が見られます。この新しい標準により、最初は特定のエコシステムを念頭に置いて構築されていたとしても、複数の企業のデバイスを連携させることができます。デバイスは今年出荷を開始する予定ですが、予想どおり今後数か月ではなく秋に開始されます。

Matterイニシアチブを監督するConnectivityStandardsAlliance(CSA)は、遅延は新会社からの標準への前例のない関心から来ていると述べています。 Apple、Google、Amazon、Samsungなどの企業は、Matterに関心のあるメーカーの最初のバッチに含まれていました。 CSAは当初、使用できるプラットフォームが4つか5つしかないことを期待していましたが、現在は16を超えています。

プロモーション画像は、スマートライトで照らされたリビングルームエリアを示し、Matterのロゴと波形が特徴です。

企業とプラットフォームの増加は、新しい標準に対する大きな関心と必要性を示していますが、CSAはいくつかの新しい対策を検討する必要があります。今度は、ソフトウェア開発キット(SDK)を通過し、新しいプレーヤーを念頭に置いて完成させる必要があります。 SDKは、デバイスがMatterを正しくサポートおよび使用することを保証するために、すべてのメーカーに提供されるコードです。

今秋、関心のあるメーカーの最初のバッチからスマートデバイスが登場するのを見始める必要があります。そのバッチには、50の異なる会社からの15の異なるホームカテゴリにわたる150のアクセサリが含まれています。スマート電球、プラグ、サーモスタット、テレビなどが表示されるはずです。

Matterコードをデバイスに追加する新しい企業の場合、CSAは後で完成したSDKを提供します。これにより、Matterの機能セットが完成し、必要なのはコードのさらなる安定化と微調整だけであるため、遅延なくデバイスを確認できるようになります。関心のある新しい企業は、SDKへのアクセスを受け取り、認証とテストを申請できるようになり、最終的に今年の終わりまたは2023年にデバイスの出荷を開始することを期待する必要があります。

2020年から現在までの複数の遅延の後、Matterとそのデバイスの最初のフィニッシュラインが見え始めています。 Matterが搭載された最初のデバイスは、他の遅延を除いて、約6か月で展開されると予想されます。