マイクロソフトはサイバーセキュリティを強化するためにRiskIQを購入しています

マイクロソフトのクラウドサービスは近年非常に活況を呈していますが、マイクロソフトが導入する新しいオンライン製品には、初日から強力な防御策を講じる必要があります。そのため、同社は最近、ユーザーの安全を守るためにサイバーセキュリティ会社RiskIQを買収しました。

マイクロソフトの最新の買収:RiskIQ

技術の巨人は、 公式のマイクロソフトブログでその購入について詳しく述べました。マイクロソフトは、COVID-19の大流行の際にリモートワークベースのサービスが急成長したため、2020年に優れた利益を上げました。ただし、急速な拡大は適切なセキュリティと密接に関連している必要があります。そうしないと、会社のユーザーが攻撃を受けることになります。

関連:マイクロソフトはパンデミックブーストの裏で記録的な利益を明らかにする

幸いなことに、RiskIQが現在そのベルトの下にあるので、Microsoftはユーザーを安全に保つためのより良い時間を過ごすことができます。ブログが述べているように:

RiskIQは、Microsoftクラウド、AWS、その他のクラウド、オンプレミス、およびサプライチェーンから、企業の攻撃対象領域全体のセキュリティを発見および評価するのに役立ちます。 RiskIQは、インターネットのスキャンと分析に10年以上の経験があり、攻撃者が資産を利用する前に、企業が脆弱な資産を特定して修正するのに役立ちます。

RiskIQは、速度の観点からも優れています。これは、PassiveTotalコミュニティを使用して、インターネット上で最新かつ最も厄介な脅威をクラウドソーシングしているためです。つまり、RiskIQは、脅威が広まる前に脅威から保護できます。

マイクロソフトがサイバーセキュリティに投資しているのはなぜですか?

マイクロソフトのクラウドサービスは、COVID-19の大流行の間に飛躍的に進歩しましたが、データをオンラインで保存することは両刃の剣です。一方では、どこにいてもすべてのデータにアクセスできることを意味します。一方、ハッカーもそうです。

そのため、Microsoftがクラウドサービスを引き続き利用したい場合は、セキュリティを強化する必要があります。過去にすでにいくつかのリークと損害が発生しており、ハイブリッドワークビジネスのトップクラウドプロバイダーの1つとしての地位に影響を与えていません。

関連: Microsoft 365組織の85%が電子メールの漏洩に苦しんでいるとResearchは述べています

マイクロソフトはRiskIQを利用できるようになったので、リークをうまく埋めて、ユーザーをデジタル詐欺や盗難から守ることができれば幸いです。

RiskIQによるリスクの軽減

マイクロソフトの利益がクラウドコンピューティング市場からブームになっているので、ハイテク巨人はハッカーがそのハードワークを悪用するのを防ぐために資産を保護し続ける必要があります。 RiskIQはMicrosoftの傘下にあるので、オンラインの悪意のあるエージェントから会社を安全に保つのに役立つはずです。

マイクロソフトがサービスをハッカーから保護している今、おそらく今があなた自身のクラウドセキュリティを再検討する良い機会です。ファイルとフォルダーをクラウドに配置する場合は、ログインパスワードの強度を再確認し、可能であれば2要素認証を追加してください。