マイクロソフトはさらに別の人気のあるWindows10機能を廃止します

マイクロソフトは、さらに別の人気のある便利なWindows 10機能が、近い将来、チョッピングブロックに設定されることを確認しました。クロスデバイスアクティビティ同期ツールであるWindows10 Timelineは機能しなくなりますが、使用しているWindows 10のバージョンに応じて、その終了時期は異なります。

Windows 10:現在のような時間(ライン)がない

Microsoftは、2021年4月に早期アクセスユーザーにリリースされたWindows 10 Insider Preview Build 21359のリリースノートで、タイムラインが終わりに近づいている可能性があることを明らかにしました。最初の発表のタイミングにより、Windows 10タイムラインユーザーは、ツールがおそらく、保留中のWindows 10 21H2アップデート(2021年10月頃に予定)で、今年の後半にドアが開きます。

ただし、タイムラインに関する更新されたMicrosoftサポートページは、ゴールポストをシフトしました。

2021年7月以降、Microsoftアカウント(MSA)を介してデバイス間でアクティビティ履歴を同期している場合、タイムラインに新しいアクティビティをアップロードするオプションはなくなります。タイムラインを引き続き使用して、ローカルデバイスでアクティビティ履歴(最近のアプリ、Webサイト、ファイルに関する情報)を確認できます。 AADに接続されたアカウントは影響を受けません。

タイムラインが完全に飛び出しているわけではないことに注意することが重要です。 Microsoftは、タイムラインが引き続きローカルデバイスで機能することを確認しました。機能しなくなるのは、デバイス間の同期のみです。ただし、2021年7月以降、デバイス間のタイムライン同期は新しいアクティビティ履歴を受け入れません。

関連:すべてのWindows10アクティビティ履歴を表示および削除する方法

Windows10タイムラインがローカルのみに切り替わります

ローカル専用のWindows10機能への切り替えは、クロスデバイスのWindows10ユーザーにとっては打撃です。 Microsoftアカウントにサインインし、最近のWindows 10アクティビティを持ち込むことは、特にオペレーティングシステムの非常に多くの領域をカバーしているため、非常に便利でした。

ただし、Microsoftが少なくとも今のところはツールを稼働させ続けることを約束しているので、タイムラインをローカルサービスとして使用している人は喜ぶでしょう。ただし、マルチデバイスのサポートで間違いなく最高のツールであるため、Microsoftがツールの更新と宣伝を継続するかどうかは不明です。

もちろん、Windows10ユーザーが利用できる他のクロスデバイス同期オプションがあります。タイムラインだけが選択肢ではありませんでした。

たとえば、Microsoft Officeを使用している場合は、OneDrive(または別のクラウドストレージツール)を使用して、異なるデバイス上のインストール間でファイルを同期できます。ブラウザの場合、クロスデバイスをサポートする任意のWebブラウザ(共有ブックマークや履歴、同じユーザーアカウントに接続されている最近のデバイスのタブなど)を使用できますが、他の多くのアプリやソフトウェアは特定のクロスデバイスを提供します共有。