マイクロソフト、Android向けのDefender Antivirusアプリをリリース

マイクロソフトは、Windows Defenderをウイルス対策市場で有力な競争相手にするために一生懸命取り組んできました。現在、同社はその範囲を拡大しています。誰もがそれを使用できるわけではありませんが、同社はAndroidでWindows Defenderをリリースしました。

アプリはGoogle Playストアで見つけることができますが、Windows専用ではないため、「Microsoft Defender」という名前で公開されています。

説明には、アプリには値札が付いていないが、それは無料ではないという。 Microsoft 365 E5ライセンスは、企業をオンラインの脅威から保護するために開発されたものであり、使用するにはライセンスが必要です。

次に、説明にアプリの機能が一覧表示されます。

1.ユーザーのデバイスにインストールまたはコピーされる可能性がある悪意のある、望ましくない可能性のあるアプリやAPKについてユーザーに自動的に警告する

2. SMS / WhatsApp /ブラウザ/メールでクリックできる悪意のあるWebページを自動的にブロックします

3. Microsoft Defender ATPとの組み込みの統合により、Microsoft Defender Security Centerポータルで単一のレポートパネルを提供し、セキュリティ運用チームを可能にします

4.デバイスリスクに基づく条件付きアクセスとIntuneの統合

アプリをダウンロードして使用しようとすると、Intuneポータルサイトを使用してデバイスを組織に登録する必要があることを示すエラーメッセージが表示されます。

Microsoft Defender for Androidは現在のところビジネスでの使用のみを目的としていますが、同社が将来的にユーザーベースを拡大する可能性は十分にあります。結局のところ、Microsoftは現在、できるだけ多くのシステムにアンチウイルスを展開することを推進しています。

たとえば、 Microsoftはに記載されたマイクロソフトテックコミュニティ 、あなたは現在、Linux上でMicrosoftディフェンダーを使用することができます。 MicrosoftがmacOSにWindows Defenderを導入するのを見たこともあります

したがって、AndroidフォンでMicrosoft Defenderを試してみたい場合は、公開バージョンがリリースされるまでに時間がかかる可能性があります。

DefenderがGoogle Playストアに登場した今、Microsoftがすべてのシステムでウイルス対策プログラムを利用できるようにしたいと考えていることがわかります。一般的な使用はできませんが、公開リリースに関するその他のニュースや更新については、しばらくお待ちください。

マイクロソフトが他の市場で運を試そうとしているのは大きな驚きではありません。結局のところ、アンチウイルスは問題を抱えた過去から成長し、Windowsに最適なアンチウイルスプログラムの1つになりました。

画像クレジット:Yuri Samoilov / Flickr

(出典)