ボロコプターがそのユニークな航空機の最初のフルサイズバージョンを飛ばすのを見る

ボロコプターが最初にレーダーに飛び込んだのは、2017年に、ドローンの束が溶接されたように見える、その並外れたVoloCity航空機を知ったときです。

その間に、18回転の垂直離着陸機にいくつかの真剣な取り組みが行われ、ドイツの会社は、最初の実物大のプロトタイプの初飛行を示すビデオ(下)をリリースしました。

より大きなデザインと水平尾翼を初めて備えた電動VoloCityは、フランスのパリ近郊のポントワーズ飛行場での短い初飛行中、通常のヘリコプターと同じように安定して快適に見えます。ボロコプターが2024年のパリオリンピックで旅客サービスのためにVoloCityを展開するという目標に向かって進んでいるため、成功した外出は、より長く、より要求の厳しいテスト飛行への道を開きます。

VoloCityは、2人を乗せて、自律的に、リモートで、または機内パイロットによって飛行することができます。航空機の最高速度は68mph(110 kph)で、航続距離は22マイル(35 km)であるため、短い都市ホップに最適です。ローターの数が多いにもかかわらず、ボロコプターは、VoloCityが従来のヘリコプターの4倍静かであり、より平和な乗り心地を実現していると主張しています。

VoloCityの以前のバージョンの何百ものテスト飛行に続いて、同社はハンブルク、ドバイ、ヘルシンキ、シンガポールなどの都市での試験飛行のために有人または無人の構成で飛行する許可を取得しました。

それがパリオリンピックの成功を収めることができれば、他の国の規制当局に都市タクシーサービスを青信号にするよう説得することができます。

ボロコプターチームは、最新の飛行は「VoloCityを軌道に乗せるために費やしたすべてのハードワークの集大成であり、ここVolocopterでの商用立ち上げに向けた最初の主要なステップです」と述べました。

「そして、空は私たちの唯一の限界ですが、規制当局とお客様の両方が座ってリラックスし、安心できるように、最終的なエアタクシーができるだけ安全になるように努力しています。」

ボロコプターは、都市交通用の安全で信頼性が高く効率的な電気航空機を製造するために、 他の多くの企業と競争しています。

同社はまた、貨物の輸送だけでなく、より長い旅のために同様の航空機を開発しています。