ホームコネクティビティアライアンスは、あなたに夢のスマートホームをもたらしたいと考えています

スマートホームテクノロジーの相互接続された性質は、特にさまざまなプラットフォームの周りに出現した「壁に囲まれた庭」に関して、長い間議論の対象となってきました。多くの意見記事(私たち自身を含む)は、相互運用性が一般的になるまで、スマートホームが真に「スマート」になることは決してないだろうと述べました。今日、多くの異なる企業が集まり、家庭内で相互運用可能なアプライアンスを作成することに専念する組織であるHome ConnectivityAllianceの立ち上げを発表しました。この発表は、 CES 2022の大規模な新しいテレビの発売や気の利いた新しいロボット掃除機と比べると見劣りするかもしれませんが、同じように重要です。

HCAは、American Standard Heating and Air Condition、Arcelik、The Electrolux Group、Haier、GE Appliances、Samsung Electronics、TraneResidentialで構成されています。スマートホーム市場での知名度が比較的低いことを考えると、これらの企業のいくつかの存在は驚きですが、Samsungのメンバーシップはまったく驚きではありません。サムスンは長い間、デバイス間の相互接続性を推進する別のプラットフォームであるMatterの支持者でした。

壁に取り付けられたTraneスマートサーモスタットハブ

サムスン電子のホームコネクティビティアライアンスのプレジデントであり、ホームIoTビジネスのグローバルヘッドであるYoon Ho Choi氏は、次のように述べています。それを実現するために。消費者向け住宅は、複数のメーカーにまたがる長寿命の電化製品やシステムで満たされています。消費者は、ユーザーを単一のプラットフォームに固定することなく、連携して動作する複数のブランドのアプライアンスを購入して操作する柔軟性を備えている必要があります。消費者のニーズを真に理解しているメーカーは、相互運用可能なコネクテッドホームエコシステムを構築するための道を切り開くと信じています。」

HCAは、消費者により多くの選択肢を提供することに加えて、データのプライバシーを最優先に保つことを目指しています。これは、HCAの使命の「重要な柱」の1つとして説明されています。データのプライバシーと同様に重要なのは、一般的な安全性です。カメラやマイクを備えたデバイスは、不要なリスニングなしで便利である必要がありますが、洗濯機や乾燥機などの高電圧を送信するアプライアンスは、ユーザーにまったくリスクをもたらさないはずです。 HCAは、絶えず変化するスマートホームの風景の中で消費者の安全を優先することを約束します。

この提携は、スマートホームテクノロジーの周りに確立された恣意的な壁を破壊しようとする多くのプロトコルと運動の1つにすぎません。やがて、それは、デバイスが異なるデバイスを制御するために半ダース以上の異なるアプリに依存するのではなく、単一のアプリからステータスを更新できることを意味することを願っています。