ペットのマイクロチップとは何ですか?猫や犬用にマイクロチップを入手する必要がありますか?

あなたの猫や犬を見失うことは、ペットの飼い主にとって悪夢です。私たちの4本足の友人が私たちの家を脱出する恐ろしい例では、彼らと再会することはしばしば挑戦的です。多くの人にとって、ペットの首輪は行方不明のペットの間に立って家に帰ることの1つです。現代の技術のおかげで、これはもはやそうである必要はありません。

多くの獣医やポンドは、人々が自分の動物をマイクロチップ化することを勧めています。簡単な手順で、人々は失われた動物を特定し、家に持ち帰ることがこれまでになく簡単になります。これらのペットのマイクロチップはあなたのプライバシーを危険にさらしますか?

ペットのマイクロチップとは何ですか?

「追跡チップ」と呼ばれることもあるペットのマイクロチップは、ペットが飼い主から離れた場合にペットを保護するために使用される集積回路です。この装置は、米粒ほどの大きさで、獣医やその他の訓練を受けた専門家によってペットの皮膚(通常は首筋の周り)に直接埋め込まれます。

これらのマイクロチップには、緊急時にペットを再会させるのに役立つペットに関する重要な情報が含まれています。すべてのマイクロチップには、ペットを自分のものとして識別するために登録できる一意のID番号が割り当てられています。ユーザーは、ワクチンのスケジュール、ペットの説明、獣医や飼い主の連絡先などの標準的な情報を使用して番号を登録できます。技術的には永久に続くわけではありませんが、ペットのマイクロチップは約25年持続します。これは、ほとんどの犬やペットの寿命よりも長くなります。

ペットのマイクロチップはプライバシーの懸念を引き起こしますか?

「マイクロチップ」は時々否定的な意味合いを持っています。多くの場合、政府のマインドコントロール宣伝に関連しており、多くの人々は、これらのペット用マイクロチップにセキュリティ上の懸念があるかどうか疑問に思っています。ペットのマイクロチップをよりよく理解するために探求する価値のあるいくつかの神話があり、なぜそれらがあなたの動物を保護するための安全な方法であるのか。

あなたが考えるかもしれないいくつかのGPSペットデバイスがありますが、これらはペットのマイクロチップと同じです。ペットのマイクロチップにはバッテリーやその他の電源がなく、情報を継続的に送信することはできません。あなたはそれらをフラッシュドライブのようなものと考えることができます。これらの無力なデバイスにデータを保存することはできますが、ドキュメントを読み取るための適切なツールが必要です。

欠けたペットは走り回って、それを望む人に自分自身に関する情報を広めていません。実際、獣医、動物保護施設、空港でしか見られない特殊な無線周波数スキャナーが必要です。おそらく、あなたのペットを悪意を持って追跡して機密情報を盗む人はいないでしょう。

誰かがあなたのペットをなんとかスキャンしたとしても、とにかく彼らはマイクロチップから多くの情報を得ることができませんでした。ペットのマイクロチップに保存される唯一の情報は、一意のシリアル番号です。このシリアル番号が何かを意味するためには、誰かが相互参照のためにあなたの個人データと一緒に番号を登録する必要があります。

これらのデータベースに保存する情報を選択します。連絡先の詳細を保護することに懸念がある場合は、獣医の電話番号を提供することが重要です。そのため、獣医には連絡先があります。一部のレジストリでは、メールアドレスを提供することもできます。このシステムの良いところは、番号を移動したり変更したりした場合に情報を更新できることです。

マイクロチップはいかなる方法、形状、形態でもインターネットに接続しないため、あなた(または他の誰か)があなたの知らないうちにペットに埋め込まれたチップの情報を「ハッキング」して変更する方法はありません。設計者は一生続くことを意図してこれらのチップを製造するため、チップ上で直接情報を変更することは困難で非現実的です。

誰かがこれらのデータベースをハッキングすることについて懸念がありますか?過度に心配しないでください。社会保障番号や支払い情報などの重要なデータが保存されていないため、これはほとんどありません。その場合、時々チェックインして正確であることを確認することができます。

ペットのマイクロチップは私のペットが失われるのを防ぎますか?

ペットのマイクロチップは、避難所や他の動物の専門家があなたのペットを識別し、あなたと連絡を取るのを助けるための素晴らしい方法です。彼らは確かにペットIDに現代的なひねりを加えていますが、あなたのペットを永久に保護するための絶対確実な方法ではありません。ペットの安全対策を講じる際に留意すべき重要なことがいくつかあります。

すべてのスキャナーがユニバーサルであるとは限りません

マイクロチップは無線周波数を使用して情報を送信します(これはペットに健康上の懸念を引き起こしません)。同じブランド内であっても、異なるマイクロチップは異なる周波数で動作します。

一部のスキャナーは特定の周波数を検出しません(ユニバーサルスキャナーはそれらすべてを識別しますが、一部の組織はユニバーサルスキャナーを使用していないことに気づいていません)。万が一に備えて、「国際規格」(134.2)に適合するチップを見つけることをお勧めします。

マイクロチップを登録する必要があります

データを登録しない限り、これらのチップはまったく役に立ちません。スキャナーが検出する唯一の情報は一意の番号であり、情報はまったく提供されません。獣医にマイクロチップ番号を与えるだけではありません。オンラインで登録してください。

あなたはあなたの根拠をカバーするためにいくつかの異なるプラットフォームで番号を登録することさえできます。

マイクロチップだけに頼らないでください

マイクロチップは素晴らしい発明ですが、これはペットを安全に保つためにマイクロチップだけに頼るべきだという意味ではありません。ペットを安全に保つために、すべてのペットの飼い主が取るべき多くの異なるステップがあります。ペットが逃げるのを防ぐためのセキュリティ対策(柵、ひも、ドアを閉める、ペットの訓練など)を講じるだけでなく、伝統を守ることも良い考えです。

首輪とタグの力を過小評価しないでください。これは、失われた可能性のある動物に遭遇したときに人々が最初に探すものです。

ペットのマイクロチップを入手する必要がありますか?

ペットのマイクロチップを入手することは、ペットの安全にさらに安心感を与えるための優れた方法です。完璧な飼い主や行儀の良い動物でさえ逃げることがあります。この恐ろしい出来事に備えるのは賢明な考えです。

ペットのマイクロチップは、恒久的な識別システムとして機能する安全で手頃な技術です。他のセキュリティ対策と組み合わせて、マイクロチップはプライバシーを損なうことなく、迷子になったペットと再会する可能性を高めるのに役立ちます。