プロのマインドマップを作成するために使用する9つのヒント

マインドマッピングは、情報の整理、記憶、ブレーンストーミングの主流の手法になるまで、進化の過程で長い道のりを歩んできました。今日では、オンラインプラットフォームを使用してマインドマップを無料で作成できます。

時間と労力を費やしてアイデアを視覚化する一方で、標準的なアプローチに従うようにしてください。マインドマップを成功させるためのヒントをいくつか紹介します。

1.適切なマインドマップ構造を選択します

マインドマップを作成する際に最初に行うことは、ニーズに合った適切な種類の構造を選択することです。マインドマップの開発中に選択できる一般的なマインドマッピングのレイアウトを次に示します。

  1. バランスマップ:これは、マインドマップレイアウトを作成するために最も一般的に使用される構造です。このマップのブランチは、視覚化を通じて論理的な順序に従うのに役立ちます。
  2. フィッシュボーンチャート:この構造を使用して、原因と結果を視覚化できます。この図は、一般的に原因の分析に使用されます。
  3. 論理チャート:この垂直レイアウトを使用して、正式な論理を表示できます。
  4. 組織図:このレイアウトは、階層構造を表すのに最適です。
  5. ツリーチャート:決定を下すためのマインドマップを作成したい場合は、この構造が最適です。

2.類似性を維持する

マインドマップの目的は、あなたが持っている多くの考えを分類することです。したがって、マインドマップを作成する際に分類を検討してください。視覚化中に関連する要素をまとめてみてください。

この概念により、マインドマップが視聴者にわかりやすくなります。同様のスタイルを使用して、いつでも同様のアイデアをグループ化し、同じ親ノードの下に置くことができます。

3.さまざまな要素を使用する

便利なマインドマップには、ユーザーにとって実りあるものになるためのさまざまな要素が含まれている必要があります。マインドマップを作成する理由に関係なく、その効果を高めるためにさまざまな要素を含めます。

まず、さまざまな画像や色を使用して、マインドマップの視覚的なインパクトを高めます。また、わかりやすくするためにアイコンや記号を含めることを忘れないでください。

いつでも境界線を引いて、類似したアイデアのセットを分離したり、特定のセクションに注目を集めたりすることができます。構造を改善するために、常に基本的な順序付けのアイデアに従ってください。背景画像または色を追加すると、地図に視覚的な寸法が追加されます。

トピックノートを使用して、情報の過負荷や地図上の乱雑さを減らしてください。フローティングトピックは、一連のアイデアをマインドマップにすばやく記録するために使用できるもう1つの要素です。

4.関連する色とサイズを選択します

オンラインプラットフォームを使用してマインドマップを作成するときは、視覚効果を使用できます。このようなアプリを使用すると、マインドマップでさまざまな色、形、幅、サイズ、フォント、構造を自由に使用できます。

読みやすいことに加えて、マップの色、サイズ、およびタイプを変えると、マップはより豊かになります。色は記憶力を高めるので、マインドマップを作成する際に慎重に色を選択することが重要です。

各トピックとサブトピックに関連する色を選択します。したがって、トピックを色に簡単に関連付けることで、トピックを簡単に思い出すことができます。さらに、重要度に応じてさまざまなサイズの泡やボックスを使用できます。

視覚的な表現なので、サイズも印象に残ります。大文字を使用して、重要なポイントやトピックを示すこともできます。

5.明確さを確立する

視覚的にクリーンなマインドマップを作成することは、特に他の人が複雑な理論を理解できるように作成する場合は、難しい場合があります。マインドマップのブランチを管理するのが難しい場合は、境界線と単一の色を使用して、セクションを残りのセクションから分離します。

また、簡単なフレーズを使用してアイデアを説明します。テーマや概念を説明するためにあいまいな言葉を使用することは避けてください。ただし、マインドマップを使用してアイデアを提示する場合は、詳細に立ち入ることなく、短く、鮮明で、意味のある言葉を使用してください。

必要と思われる場合は、マインドマップのトピックにコールアウトを添付してください。これらは、サブトピックとして追加された場合にマインドマップを乱雑にする可能性のあるトピックについて鮮やかに議論できるコメントです。

6.読みやすさを強調する

あらゆる目的のためにマインドマップを作成するときは、その読みやすさに焦点を合わせてください。マインドマップにリッチメディアを含めると、自分自身を含む誰もが簡単に理解できるようになります。

マインドマップには、あなたの心の中のアイデアが含まれています。したがって、マインドマップのトピックが意味をなし、読む価値があることを確認してください。

デシジョンツリーを作成する場合は、完全に見える全体的なビューが必要です。原因と結果のチャートを作成するとき、原因は論理的思考を表す必要があります。

7.マインドマップは特徴的である必要があります

作成するマインドマップは、あなた自身のアイデアとあなたの考え方の精巧なプロセスを反映している必要があります。このため、他のマインドマップとは完全に異なります。

もちろん、いくつかの一般的な構造を参照したり、サンプルのマインドマップからインスピレーションを得たりすることができます。ただし、マインドマップを目立たせて効果的にするには、マインドマップがオリジナルであることを確認してください。

関連: MicrosoftWordでマインドマップを作成する方法

マインドマップのコア部分には、オリジナルのコンテンツが含まれている必要があります。自分の言語で書けたらいいなと思います。したがって、マップを参照するときはいつでも、マップをすばやく理解できます。

8.フレキシブルアタッチメントを使用する

現在のブレーンストーミングと組織化のプロセスは複雑であるため、マインドマッピングは添付ファイルなしでは不完全です。 EdrawMindのような最新のオンラインマインドマッピングアプリケーションでは、さまざまな添付ファイルを視覚的構造に含めることができます。

マインドマップをわかりやすくするには、アイコンや画像などの基本的な添付ファイルが必要です。参照されたトピックの詳細な説明を含む関連するWebページへのハイパーリンクを使用することもできます。

関連:箱の外で考えるのに役立つ美しいマインドマッピングアプリ

タスク管理プロセスのマインドマップを作成する際に、進行状況と優先度の添付ファイルを使用して、見栄えを良くすることができます。

9.ブランチを多様化する

マインドマップはさまざまなブランチで構成されます。非常に詳細なマップの場合、多数のブランチとサブブランチが存在する可能性があります。

このような状況を難なく理解するには、多様なブランチを作成する必要があります。そうしないと、マインドマッピングブランチの迷路に迷う可能性があります。ブランチを多様化するためのいくつかのヒントは次のとおりです。

  1. 主なトピックを表す中央の画像から外側に向かって伸びる太い枝を作成します。
  2. 簡単に区別できるように、すべての枝を異なる色で着色します。
  3. マップしたトピックを反映する見出しをブランチに書き込みます。
  4. 単語やフレーズを表すために、さまざまなブランチの末尾を描画します。

最高のヒントでプロのようなマインドマップを作成する

あなたが学者、ビジネスの専門家、または個人であるかどうかにかかわらず、あなたはいつでもあなたの概念を視覚化するために無料のオンラインマインドマッピングツールを使うことができます。

上記のヒントに従って効果的なマインドマップを作成し、構造化された方法で情報を整理、管理、再想像することができます。マインドマップを使用すると、アイデアをより簡単に視覚化できます。